ムナーリの言葉2005年12月04日 20:09

テンション(アートワーク)

「沢山の視覚芸術に関わる人たち、画家、イラストレーターたちは機械をおそれている。機械のことは聞きたくも話したくもないくらいに。彼らは機械がいずれ芸術作品を生み出すようになり、そして人間の芸術家は失業すると信じているんだ。美術評論家も最近有名新聞の紙上でこんなことを書いていた:機械の芸術なんてあり得るか? この言葉が表しているのは、ただ問題の本質を無視しようとしているということにすぎないし、つまり絵筆(とかエンピツ)の芸術なんてあり得るか?と言っているのと変わらない。古き良き文化をコピーしながら現代を無視する状況をいまここで目の当たりにするのは悲しいことだ」 20世紀初頭に機械を積極的に肯定した、未来派に関わったムナーリらしい批評だと思います。 創造に新たな要素を恐れてはいけない、そういう気持ちの大切さでしょうか。 ("Molti artisti di arti visuali, pittori, disegnatori ecc., hanno il terrore delle macchine. Non ne vogliono nemmeno sentir parlare. Credono infatti che le macchine un bel giorno potranno fare delle opere d'arte, e si sentono già disoccupati. Anche un celebre critico qualche tempo fa a proposito di arte programmata ha scritto su un grosso quotidiano italiano questo grande interrogativo: avremo l'arte delle macchine? Frase che denota solo l'ignoranza del problema, poiché è come dire avremo l'arte del pennello - o della matita - effettivamente triste vedere una buona cultura classica accoppiata a una completa ignoranza della cultura moderna, di oggi, adesso, qui.")

<< 2005/12 >>
01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログについて

イタリアの芸術家+デザイナー+教育者、ブルーノ・ムナーリのことなどあれこれ。
こちらにもいろいろ紹介しています(重複有)https://fdl-italform.webnode.jp/

RSS