301.「触覚で遊ぼう」序章-42019年12月10日 05:47

0.4 Desideri, obiettivi, sogni.../ 願い、目標、夢… / Anni fa volevo scrivere un libro solo sul bianco. / 何年も前、白についての本を書きたいと思っていました。/ Ne parlai un giorno con Bruno Munari, nel suo studio, mentre gli mostravo i lavori realizzati con i bambini e descrivevo la bellissima scenografia allestita da un gruppo di insegnanti all'intrno del teatro di Parma per un banchetto rigorosamente tutto bianco. / ある日、ブルーノ・ムナーリと彼のスタジオで子どもたちの作品を見せながら、パルマの劇場での、ある真っ白なバンケット(?)のために教師たちがデザインした美しい舞台のこと話しました。/ L'argomento continua ad affascinarmi , ma, per cominciare, piuttosto che trattare un unico argomento, decidemmo di raccontare alcune tra le attivita’ piu’ significative che caratterizzano il mio Laboratorio./ この会話は私の興味を捉え続けました。しかしこれを個別のトピックとして扱うのでなく、私のワークショップを特徴付ける最も重要な活動のいくつかについて話すことにしましょう。/
Portai da leggere a Munari alcuni articoli pubblicati in occasione dei suoi interventi al Laboratorio: gli piacquero molto, ne fui felice. / 私はムナーリにいくつかの記事を持っていき、ワークショップでのスピーチの機会に読んでもらいました。彼はそれらをとても気に入って、よろこびました。/ Apprezzava il modo in cui li avevo scritti, raccontando semplicemente l'esperienza vissuta, descrivendo le reazioni dei bambini, fornendo suggerimenti e spunti per continuare il gioco. . . / 彼は私がそれらを、シンプルな生きた経験として子供たちの反応を説明しあそびを続けるための提案やアイデアをまとめたことを評価してくれました。/ Le indicazioni di metodo, accennate in modo “leggero", un po' qua e un po' la, mentre si stanno svolgendo le attivita’, accompagnano il lettore durante il percorso./ 「軽い」やり方で、活動中に指示されるメソッドの方向については、あちこちで少しずつ読者にお伝えしましょう。
/Sono trascorsi parecchi anni da allora, anni in cui ho continuato a privilegiare il fare e le azioni-gioco, a volte insieme a Munari./ あれから何年も、私は時にムナーリとともに遊びと動きについて特別な価値を加え続けました。/
Ora che Bruno non a piu' qui con noi fisicamente - ma tanto presente con le sue opere e i laboratori - mi sono fermata a considerare il lavoro fin qui realizzato, ampliandolo con riflessioni e osservazioni sul metodo. / ムナーリはもう肉体として私たちと共にはいません。しかし彼の仕事とワークショップは今もここにあります。私はこれまでに行われたことについて考えるのをやめて、メソッドの再考察と観察から、それを拡大することにしました。/ Credo che il desiderio di scrivere, almeno per quanto mi riguarda, nasca quando si sente il valore della esperienza che si vuole trasmettere, ritenendola utile e importante anche per altri. / 少なくとも私は、書きたいという欲求は他の人にとっても有用で重要であると考え伝えたい経験の価値を感じるときに生じるものだと信じています。/ Cosi’, dopo vent'anni di attivita’, esprimo la mia "voglia di comunicare". Ed ecco questo libro. / こうして二十年の経験ののち、「伝えたいという気持ち」の表れとして、この本ができました。/ Tra i numerosi argomenti svolti, ho scelto quelli che piu’ mi appassionano: a|cuni frutto di sviluppi e approfondimenti di laboratori ideati e condotti da Munari stesso, altri di ricerche mie personali.Il linguaggio del tatto, con i giochi e i racconti sensoriali; il Lab-Lib e Materie; / (本書では)数多くの論点の中から私が最も情熱を注いでいるものを選択しました:それはムナーリ自身が考えて実施したワークショップの開発と詳細な研究の結果であり、その他は私自身の研究です。/ il linguaggio dei colori con il monocolore, le forme e i colori delle emozioni; il linguaggio de|la natura con il cielo, le nuvole, le foglie; il linguaggio del segno, con storie di punti e di linee che si animano. . . / 単色と色彩の言語、感情の形と色; 空、雲、葉のある自然の言語; 模様の言語。生き生きとした点と線の物語…/ Per ragioni di spazio non ho potuto approfondire l'argomento relativo al Giocare con la natura e tantomeno sviluppare la ricca esperienza di Giocare con le parole, a cui ho solo brevemente accennato. / 紙数の都合から、自然と遊ぼうのテーマに深く言及できず、言葉で遊ぼうことの豊かな経験について発展させることはできませんでした。/ Cosi' anche per le indicazioni sulle tecniche vi consiglio i buoni libri in commercio. Esperienze personali dunque, il cui filo conduttore a la plurisensorialita’ e i| rispetto del Metodo Bruno Munari®. / そのためブルーノ・ムナーリ・メソッド(R)の尊重と複合的感覚につながる個人の体験以外の部分では、指導のテクニックについても市販されている良い(指導の)参考書をお勧めします。/ Ho voluto privilegiare, secondo i principi di questo metodo, il percorso attraverso il quale si conducono i bambini a esprimersi in modo autonomo, liberi dalle interferenze degli adulti./ メソッドの原則に従って、子どもたちが大人の干渉からはなれ独自に自分自身を表現する道を優先したかったのです。/
Non un testo di educazione all'immagine, ne un libro di pedagogia; ma neppure un semplice manuale, anche se cosi' potrebbe sembrare a prima vista dal momento che propone giochi e attivita’./ (本書は)想像の教育についての内容でも、教育学の本でもありません; 一見すると活動とあそびの提案に見えるかもしれませんが、もちろん(指導の)マニュアルでもないのです。/
Il libro intende coinvolgere e appassionare genitori e insegnanti , suscitando in loro la voglia di fare e sperimentare, di osservare con occhi nuovi, di capire e conoscere, di avvicinarsi alla natura e all'arte: ma soprattutto di "giocare con tatto" insieme ai loro bambini. /この本は、両親や教師を巻き込んで情熱を抱き、新しい目で観察し、理解し、知り、自然と芸術にアプローチしたいという欲求を喚起することを、なによりも子どもたちと一緒に触覚であそぶことを意図しています。 /Un invito a riscoprire la propria creativita’, lasciandosi andare.. . un libro aperto che si potra continuare con il racconto delle vostre esperienze, riscoprendo lo spirito del bambino dentro di voi. Munari insegna. /自分の創造性を再発見し、解放するための招待...あなたの経験の物語を続けることができ、あなたの中の子どもの魂を再発見することができる開かれた本。ムナーリは教えてくれます。

300.「触覚であそぼう」序章-32019年12月06日 18:40

0.3 Il Laboratorio ha compiuto ventun anni: un po' di storia... /ワークショップ(アトリエ)20周年を迎えて、その足跡など… /"Un bambino creativo a un bambino felice" ripeteva spesso Bruno Munari. Quando un bambino puo' esprimere liberamente emozioni e sentimenti attraverso il linguaggio dei segni, delle forme e dei colori, quando un bambino può costruire e reinventare il suo mondo, allora si a davvero felice. Venti anni di esperienze nei Laboratori Metodo Munari® lo possono confermare. /「創造的な子どもは幸せな子ども」という言葉をムナーリは繰り返しました。子どもが色や形などの表現言語によって自由に感情と感動を表現できるとき、子どもは自分の世界を発明し構築できるとき、子どもは本当に幸せなのです。ムナーリのメソッドによる二十年のワークショップ経験から、私はそれを証明できます。
/Sul bel pieghevole che Bruno Munari ha progettato nel 1988, caratterizzato sul bordo superiore da una originale linea di pallini neri, si legge: "Un bambino creativo a un bambino felice". Vorrei aggiungere che non solo i bambini sono felici, ma anche gli adulti lo sono quando possono risvegliare la loro creativita. . . / 上縁の黒い点線が特徴的な(?)ムナーリが1988年に作ったリーフレットに「創造的な子どもは幸せな子どもです」と書かれています。私はそこにちょっとだけ、幸せなのは子どもだけでなく、自分の創造性を再び目覚めさせたとき大人もまた幸せなのだと付け加えたいと思います。
Così per offrire agli adulti l'opportunita di condividere con figli e nipoti un'esperienza creativa, ho ideato nel 1989 il progetto Fare insieme per capire rivolto a genitori, ma anche a nonni e zii, desiderosi di "giocare". / こうして子どもや孫とともに創造的な経験ができる場を1989年に、遊んでみたい両親や祖父母叔父叔母たちと、一緒にやってみて理解しようというプロジェクトを企画しました。 /La proposta in seguito è stata adottata da vari musei e biblioteche anche in Italia, quando all'estero iniziative analoghe erano attive gia’ da anni. / この提案はイタリア国内の美術館や図書館でも受け入れられ、これまでに外国でも行われました。 /I primi ateliers d'arte per bambini sorsero proprio nella mia citta natale: ricordo ancora i disegni e i racconti di mia zia Helly che all'eta di otto anni frequentava a Vienna, ogni sabato mattina, il corso di pittura ideato condotto da Franz Cizek, pioniere dell'educazione all'arte, presso quella scuola che oggi a diventata l’Universita di Arte Applicata. / 子どもたちのためのアトリエは、私が生まれた町で始まりました: ウィーンのフランク・チゼックの作った、現在は応用美術大学となっている教室へ、八歳のころ毎週土曜日の朝に通っていた私の祖母ヘリーのスケッチやお話をいまも思い出します。 /Allora mi insegnava anche mio nonno, insieme ad altri architetti e artisti, tra cui Josef Hoffmann. / 祖母は私に、ヨーゼフ・ホフマンなどのいろいろな芸術家や建築家のことを教えてくれました。 / I primi dieci anni di attivita (1980-90): i corsi per bambini, i corsi per adulti, i corsi di aggiomamento, le collaborazioni con Bruno Munari  1980年から1990年の最初の十年: ブルーノ・ムナーリとともに子どものためのコース、大人のためのコース、研修コースをおこないました。 Il Laboratorio di Milano, come già detto, è nato nel 1980. Inizialmente i corsi erano rivolti a bambini da sei a dieci anni. Gli argomenti proposti riguardavano le tecniche base della Comunicazione visiva: Formati, Segno , Colore, Textures, Collage, Libri, Proiezioni dirette, Costruzioni e Giochi. / ミラノのワークショップは1980年に生まれました。当時のコースは6歳から10歳までの子どものためのものでした。扱われる内容は視覚的表現に関わる、図形、模様、色彩、テクスチャー、コラージュ、本、ダイレクト・プロジェクション、造形やあそびなどでした。 /Dopo l'interessante esperienza con Munari, in occasione della mostra Ie mani guardano (Milano,1979) e nel laboratorio tattile da lui stesso condotto a Monza nel 1981 ho voluto promuovere una Educazione al tatto rivolta ai bambini della scuola materna. Ecco nascere i primi laboratori plurisensoriali e' nel 1988 il Bosco tattile (> 4.4). / ムナーリとの興味深い経験ののち、「両手は観察する」展(ミラノ、1979年)をきっかっけに触覚のワークショップが、1981年に同じくモンツァでも保育園の幼児のための触覚的教育を促すものとして行われました。こうして1988年に複合的感覚のワークショップとして触覚の森が生まれました。
Oltre ai corsi per banbini si svolgevano presso la sede del laboratorio milanese - e anche altrove - corsi di aggiornamento sulle metodologie didattiche di Bruno Munari, condotti da alcuni suoi collaboratori e da me. / 子どもたちのコースの他にもミラノのワークショップ(アトリエ)〜そのほかでも〜ムナーリの教育メソッドによる研修コースが私を含むスタッフによって行われました。 /Attivita' di formazione che continua presso scuole, biblioteche, comuni e musei. Fino al 1993, ho promosso anche vari corsi per adulti: "alla scoperta del piacere di fare e capire facendo". / 1993年まで、学校や図書館、自治体、美術館などでも研修コースが行われ、その他にも大人のためのコース「やってみながら学ぶ楽しさを発見する」も実施しました。 /I corsi erano tenuti da artisti e designer sugli argomenti che piu' mi interessavano: Colette Dupriez sul colore, la forma e lo spazio; Angela Colombo sul segno e le sue potenzialita' espressive; Tiziana Palazzini sulla carla piegata, ovvero la tecnica dell'origami e tsutsumi. E poi ancora Genevieve Ausenda per l'ikebana e Rebecca Hon Ko per la calligrafia cinese. / さまざまなアーティストやデザイナーによるコースがおこなわれましたが、私にとって特に興味深かったのはティツィアナ・パラッツィーニの折り紙や包み(折型?)とジュヌヴィエーヴ・アウセンダによる生け花、レベッカ・ホン・コーの書道などです。 /Tra il 1985 e il 1990 nascono le preziose collaborazioni con Munari, tra le altre al Castello dei bambini di Tokyo (1985) dove, accanto alla mostra dell'artista, si svolgono attivita’ didattiche e creative. / 1985年から1990年の間にはムナーリの貴重な 助力があって、なかでも(1985年)東京の「こどもの城」では彼の展覧会の隣で創造的で教育的な活動を行うことができました。 /Con i suoi primi collaboratori partecipo alla realizzazione di vari laboratori a Milano: Giocare con l'arte a Palazzo Reale all’inteno della mostra antologica dell'artista (1986/87); Giocare con la natura (1988) al Museo di Storia Naturale; Ritrovare l'infanzia (1989) alla Fiera per la terza eta e Nursery sul tram, durante le feste natalizie. / ミラノで色々なワークショップの実現するために初期の彼の助手たちが参加しました:パラッツォ・レアーレでの彼の回顧展(1986年から87年)の中で、ミラノ自然史博物館では「自然と遊ぼう」(1988年)のワークショップ、1989年のクリスマスにはトラムの中での乳幼児のための展覧会で「幼児期の再発見」など。 / Anni 9o-2ooo: i nuovi corsi, anche i piccoli frequentano il Laboratorio, si "gioca" con Munari, il Laboratorio entra nei musei e altre iniziative. . . / 1990年代から2000年にかけて新たなコースが開講され、より小さな子どももワークショップに来てムナーリと「遊ぶ」ようになり、ワークショップは色々な美術館やイベントに参加しました。 /Il 1991 a un anno molto intenso. Nascono quattro nuove attivita: il Corso multisensoriale, dedicato ai bambini della scuola matema per giocare, scoprire e conoscere materiali naturali e artificiali, per creare libri, giochi tattili, scenografie, ombre colorate. . . ; il Gioco dell’arte, un progetto ideato insieme a Pia Antonini per avvicinare attivamente i bambini delle elementari alle opere degli artisti (>. 8.7), i corsi Disegnare la natura, per i ragazzi della scuola media e Giocare con le parole, per i ragazzi da otto a dodici anni. / 1991年は色々なことがありました。新しく四つのコースが生まれ、小学生のための複合的感覚コースでは、自然素材や人工素材に触れ、本を作り、触覚遊びや舞台美術、色や影などで遊び、発見し学びました。 /Nel 1993 vengono evidenziati e suddivisi i corsi per bambini dai 3 agli 8 anni da quelli per i ragazzi dagli 8 ai 12 anni. / 1993年に、コースは3歳から8歳の子ども向けと8歳から12歳の子ども向けに別々に 行われるようになりました。 /Data la grande richiesta di attivita’ dedicate ai piu’ piccoli, ecco nascere, sempre nel 1993, il corso Giochiamo insieme rivolto ai bimbi di tre anni. "Per avviare una prima socializzazione e per conoscere meglio com'e fatto il mondo: il metallo a liscio e fresco, la palla a rotonda ed elastica. . . I bambini potranno immergersi in una vasca tattile, gattonare su di una morbida pelliccia e creare oggetti misteriosi. . .". / 多くの要望から、同じ1993年より小さな子どものために「いっしょに遊ぼう」が三歳の子ども向けに始りました。「社会性の芽生えと世界がどんな風にできているのかを 知るために、なめらかで冷たい金属や丸くて弾力のあるボール、触覚のプールにとびこんだり、やわらかな革素材を撫でたり、ふしぎなものを作ったり…」 /E nel 1993, dopo anni di collaborazione, entra a pieno titolo nel Laboratorio Michela Dezzani, insegnante di scriola elementare dot.ata di grande sensibilita e creativita. La sua partecipazione e il suo contributo sono stati molto importanti fino a farla diventare la presenza preziosa di oggi. / 1993年、長年のコラボレーションを経て小学校教師で創造性と感受性の専門家でもあるミケーラ・デッツァーニがワークショップに加わりました。彼女の協力は現在に至るまでとても大切なものです。 /Il1996 ha inizio con una mostra tutto da toccare: sono esposte le "opere tattili" realizzate dai bambini durante l'anno che era stato inaugurato con Munari per creare "giocando" le tavole tattili (> 4.2). / 1996年にはすべて触れることのできる展覧会が始まりました。ムナーリとともに触覚のタブローで遊びながら生まれた子どもたちの「触覚的作品」です。 /Il laboratorio cosi, mi faceva notare Munari, e’ gia’ un museo: il primo museo dei bambini, fatto dai bambini per gli adulti! / ワークショップ(アトリエ)は美術館になりました。初めての、子どもたちによる大人への子ども美術館でした!/
Nello stesso anno organizziamo a Luino la prima mostra-laboratorio attiva Giocare con Munari, progettata insieme all'artista. / 同じ年、「ムナーリと遊ぼう」というワークショップ活動の展覧会がルイーノ(地名)で行われました。 /Sono sempre piu’ numerose le richieste di laboratori creativi, non solo in scuole e spazi che ospitano mostre di Munari (Milano, Sondrio, Macerata, Cantu’, Cento, Busto Arsizio, Nuoro) ma anche in luoghi pubblici con grande affluenza di bambini: come per esempio all'Arengario di Milano (Natale 1993) con Regali per le feste e al Palazzo delle Esposizioni di Torino nel 1995 con il Lab-Lib (> 5), che piu’ tardi approdera’ alla Fiera di Milano. / ムナーリの展覧会が開催された各地(ミラノ、ソンドリオ、マチェラータ、カントゥ、チェント、ブスト・アルシツィオ、ヌオーロ)からワークショップの依頼がひっきりなしに舞い込み、またより多くの子どもが参加できる公の場所でも、例えばミラノのアレンガリオ宮(1993年のクリスマス)、1995年トリノでの展示会ではLab-Libのワークショップ、その後にはミラノの見本市でも行われました。
/Nel frattempo, dato il mio profondo interesse per la natura, cui tanto ha contribuito la stimolante vicinanza di Munari, continuo a esplorare gli elementi naturali in Disegnare colorare e costruire la natura: una natura da osservare, conoscere, amare e rispettare, reinventandola poi in modo fantastico. / それから、ムナーリとの関わりの中で深まった私の自然への興味から自然の要素をデザインし、彩色し、組み立てる探究を続けました。楽しみながら自然を観察し、理解し、愛して尊重しつつ自然を作るやりかたを。
/Accanto a queste attivita, abbiamo continuato a occuparci in modo particolare di come appassionare i bambini all'arte e alla scrittura, sviluppando il Gioco dell’arte in vari musei (Milano, Gibellina, Nuoro, Busto Arsizio) e approfondendo il corso Giocare con le parole. / これらの活動の傍ら、私たちは子どもたちが芸術や書くことを楽しめるやりかたをいろいろな美術館での「言葉で遊ぼう」コースの活動(ミラノ、ジベリーナ、ヌオーロ、ブスト・アルシツィオ)を通じて独自に研究していきました。/Si costruiscono messaggi tattili, si inventano alfabeti misteriosi, si creano lettere fantastiche, si fa poesia e si "scrivono" nuovi calligrammi per sviluppare la fantasia, arricchire il lessico e imparare l'italiano in modo divertente e creativo attraverso i giochi di parole./ 触覚的メッセージを作り、不思議なアルファベットを発明し、面白い文字を作り出し、ファンタジアを広げ、会話を豊かにし、イタリア語を言葉遊びを通じて楽しみながら創造的に学ぶためにカリグラム(活字または手書きの字が作る形が重要な位置を占める詩形)を書きました。
/Ed eccoci agli ultimi nati: per ampliare la conoscenza dei singoli materiali ho ideato il corso Materie e Giocare con gli strumenti e con gli artigiani. / そして最近、新たなコースができました: 単一の素材への理解を広げるため、素材と道具、職人さんと遊ぼうのコースです。/ Momenti essenziali di vita al Laboratorio / ワークショップで欠かすことのできない瞬間/L’anno scolastico inizia con una gironata speciale, aperta al pubblico, che coinvolge grandi e piccini in un "gioco" che sara’ il filo conduttore de|l'attivita dell'anno. Spesso abbiamo potuto "giocare" con Bruno, divertendoci tutti e imparando molto (> I.7). / 新学期は一般に公開された特別な一日とし一年のコースをつないでいく大人も子どもも一緒に参加して始まります。しばしばそこにはブルーノも一緒に参加して遊び、楽しみながら色々な学びがあります。/A conclusione dei corsi una mostra documenta l’attivita svolta e si festeggia con una merenda colorata del colore "leader" dell'anno..`Munari con sua moglie Dilma ha sempre partecipato alle feste, osservando, come di consueto, Con curiosita e attenzione i lavori esposti./ コースのまとめとして活動をまとめた展覧会と、その年の「リーダーの」色で飾られたおやつを用意してパーティーをします。ムナーリと夫人のディルマはいつもパーティーに加わり、いつも興味と注意をもって飾られた作品を観察してくれました。/
Nel corso degli anni, oltre a Munari, sono intervenuti numerosi artisti a presentare loro opere e a condurre un laboratorio: Alberto Casiraghi, Angela Colombo, Davide De Paoli, Colette Dupriez, Femanda Fedi, Maria Luisa Grimani, Claudio Pestalozza./ 一年のコースの中ではムナーリの他にも沢山のアーティストが彼らの作品をもってワークショップに来てくれます。アルベルト・カシラーギ、アンジェロ・コロンボ、ダビデ・デ・パオリ、コレッテ・デュプリ、フェマンダ・フェーディ、マリア・ルイーザ・グリマーニ、クラウディオ・ペスタロッツァなどです。/
La documentazione fotografica di inizio e fine anno a stata realizzata in principio da Ada Ardessi, la brava fotografa che tanto ha lavorato nei laboratori con Bruno, grande esperta nel cogliere i momenti piu’ significativi dei bambini in attivita’; poi da Atto e da Luca Cenerelli, che ben hanno proseguito l'opera, osservando e imparando da Ada. / 一年の初めと終わりには写真によるドキュメンテーション(記録)が作られ、ムナーリとたくさんの仕事をしてきた優れた写真家のアダ・アルデッシを中心に、アットとルカ・チェネレッリたちが子どもたちの活動の重要な瞬間を収集しました。/Gli anni 2ooo. Si apre una nuova fase: interventi nei convegni, nascita delle sezioni didattiche presso la Fondazione Bandera per l'Arte di Busto Arsizio e il Museo Man di Nuoro, redazione delle guide per insegnanti e questo libro.. . Costituzione del gruppo Mu-Nari, che in seguito diventa Associazione Bruno Munari./ 2000年代には新しいフェーズが開かれました。講演や会議、ブスト・アルシツィオのバンデラ・ペル・アルテ財団とヌオーロのマン美術館にもクラスが生まれ、指導のガイドとこの本が編集され…グループ・ム-ナーリが組織されてその後のブルーノ・ムナーリ協会へと繋がっていきます。/Con gli anni, senza che nessuno se ne accorgesse (cosi’ forse direbbe Munari), il Laboratorio e’ diventato un centro di ricerca e studio sul metodo, dove si elaborano e sperimentano nuove attivita’ e si approfondiscono, sviluppandole,le varie tematiche. /長年のうちに、誰も思いもしなかったことに(ムナーリはきっとこう言うでしょう)、ワークショップ(アトリエ)はメソッドの研究調査の中心となり、様々な学びを深め広げるための新たな活動を実験する場となりました。/Le numerose richieste di partecipazione a convegni, corsi di formazione, laboratori creativi e le frequenti tesi sui Iaboratori, testimoniano il grande interesse per Giocare con l’arte e il suo progetto di formare i bambini affinche’ possano diventare adulti creativi, curiosi, capaci di mantenere lo "spirito dell'infanzia". . . / 多くの会議への参加や研修、創造的ワークショップ、ワークショップ研究の依頼があり、子どもの発達を促し創造的で好奇心に満ち子どもの心をもったな大人を作るアートと遊ぶプロジェクトへの多大な関心が証明されました。/Per realizzare tutto cio’ si e’ dapprima costituito il gruppo Mu-Nari, che ha organizzato nel 1999 il convegno su Bruno Munari o l’arte di vivere tra scienza e arte. In seguito e’ nata l’Associazione Bruno Munari che tra i suoi obiettivi si propone anche quello di continuare a promuovere la conoscenza del Metodo Munari® e la diffusione dei laboratori. / これら全てを実現しようとグループ・ム-ナーリは芸術と科学の間での生活技術とムナーリについての会議から、1999年に組織されました。その後ブルーノ・ムナーリ協会は引き続きムナーリのメソッドの普及とワークショップの展開を目指して生まれました。/Il laboratorio realizzato in occasione della mostra di Munari alla Fondazione Bandera per l'Arte di Busto Arsizio (1999) diventa permanente : nasce una sezione didattica. e, alla fine dell'anno scolastico, le "opere" dei bambini vengono esposte nelle sale del museo. / ブスト・アルシツィオのバンデラ・ペル・アルテ財団での展覧会から実現したワークショップは常設となりました: 就学年齢までの子どもたちのクラスが作られ、子どもたちの作品は美術館に展示されます。/L'anno seguente, oltre alla mostra, viene promosso un convegno sulla didattica il bambino e l’arte tra scuola e museo, introdotto dal pedagogista Francesco Caggio. / その後、展覧会の他にも、教育学者フランチェスコ・カッジョによる学校と美術館の間での子どもと芸術に関する教育学の会議が開催されました。/Il convegno si e’ posto l'obiettivo di mettere a confronto modelli didattici differenti coinvolgendo, come osserva il direttore della Fondazione Alberto Fiz, scuole e musei, nell'intento di comunicare l'arte intesa come spazio di creativita' e di formazione. / この会議はアルベルト・フィッツ財団のディレクターの狙いとして、創造性と発達の空間として芸術を伝える学校や博物館など、さまざまな教育モデルを比較するという目標を設定しています。/Infine, con le guide per gli insegnanti (realizzate per i Laboratori creativi della Fila) come del resto con questo libro, desidero rendere partecipi i lettori di alcune mie esperienze, con il desiderio di appassionarli ai temi trattati, invogliandoli a continuare nella ricerca di percorsi originali e creativi. /(フィラ・クリエイティブラボラトリー?のために作成された)教師向けガイドとこの本を通じて読者には私の経験の一部を共有してもらいたいと思います。(読者が)ここで論じているトピックに興味をもち、独創的で創造的な道を探し続けることを願っています。

299.「触覚であそぼう」序章-22019年12月03日 22:32

0.2 Nascita del Laboratorio /ワークショップの誕生/ Profondamente colpita dall'incontro con Munari e dal suo approccio al mondo dei bambini, trovo il coraggio di telefonargli e, grazie alla sua consueta disponibilita, vengo subito ricevuta. "Vorrei imparare. . ." / ムナーリとの出会いと彼の子どもの世界へのアプローチに深く感動した私は、意を決して彼に連絡を取りました。私の「教えてほしい…」という願いは彼の優しさから受け入れられました。/ Munari allora mi suggerisce di andare al Castello Sforzesco dove prosegue l'esperienza dei laboratori Giocare con l’arte, iniziata alla pinacoteca di Brera. / ムナーリは私をスフォルツェスコ城に連れて行ってくれました。そこではブレラ美術館で始まったアートと遊ぼうのワークショップが続けられていました。/ Cosi' incontro i suoi primi collaboratori e anche Maria Luisa Grimani, un'artista interessata alla didattica per i bambini. / そこで私は彼の初期のコラボレーターだった、幼児教育に興味を持つアーティストのマリア・ルイーザ・グリマーニに出会いました。/ Il primo laboratorio nasce a Monza nell'autunno dell'anno 1978 in collaborazione con la stessa Marisa Grimani, a cui segue nel 1980 la nascita di un altro laboratorio a Milano. / モンツァでの初めてのワークショップは1978年の秋、マリーザ・グリマーニの協力で行われ、これが1980年にミラノでの別のワークショップにつながりました。/ Continuiamo a lavorare insieme per alcuni anni ancora, finche’ l'interesse di Marisa si concentra soprattutto sul suo fare artistico, io invece intendo sempre piu’ approfondire |'esperienza con Munari.  私たちは数年にわたって一緒に仕事をし、その後マリーザは自身の創作活動に専念しましたが、私はそのままムナーリとの経験を追求することを選びました。/ Apro una nuova sede del laboratorio e mi dedico completamente all'attivita’ con i bambini e ai corsi di aggiomamento per collaborare con Munari alla diffusione del metodo per la stimolazione della creativita infantile. / 新しい拠点を作り、私は子どもの創造性を刺戟するメソッドの普及に向けてムナーリとともに内容を更新し、子どもたちとの活動にすっかり専念するようになりました。/ 
Riflettendo sul perche’ io abbia lasciato il mio lavoro di arredatrice per dedicarmi al laboratorio, ho trovato queste motivazioni: l'amore per i bambini, da poco ero diventata mamma; l'amore per l'arte, sono nipote di un architetto della Vienna Secessionista, amico di molti artisti; il desiderio di avvicinare i bambini all'arte; ma anche il desiderio di "ritrovare" il mio bambino. / 私がインテリアデザイナーの仕事を離れてワークショップに専念したのかを振り返ると、私はそこに子どもたちへの愛というやりがいを見つけたのです。私はそれから少しして母親になりました。芸術への愛、私はウィーン分離派芸術家の孫にあたり、アーティストの友人に囲まれていました。子どもたちと芸術を近づけたいという願い、何より我が子を再発見したいという願いを持ったのです。/ 
Risuonano in me queste parole di Munari: / ムナーリの言葉が私の中で繰り返されます:/  Conservare lo spirito dell'infanzia
 dentro di se’ per tutta la vita
 vuol dire conservare la curiosita’ di conoscere  il piacere di capire
 la voglia di comunicare. / 生涯にわたって自分の中に  子どもの心を持ち続けるとは  知りたいと思う好奇心を  理解する喜びを  伝えたいという欲求を持ち続けること/ Munari dice ancora: "si disegna cio’ che si conosce"; io vorrei aggiungere: si vede solo cio’ che si conosce, si ascolta solo cio’ che risuona in noi.
Un Maestro infatti lo si può incontrare solo quando si a pronti ad ascoltarlo. / ムナーリは「(私たちは)知っていることしか描くことはできない」といいましたが、私はそこに「(私たちは)知っているものしか見えず、聞いたことがあることしか聴けない」と付け加えたいと思います。/  Calta di identita' del Laboratorio / ワークショップ(アトリエ)の履歴書/ 
Il Laboratorio e’ nato il 15 settembre 1980 in casa mia in via Moscova 16, si è poi trasferito, nel giugno del 1986, nella sua sede attuale. / アトリエは1980年9月15日、モスコーヴァ通り1番地の私の家に誕生し、1986年に現在の拠点に引越しをしました。/ 
i uno spazio dedicato a bambini e ragazzi dai 2 ai 12 anni dove sviluppare la fantasia e la creativita’ secondo il metodo di Bruno Munari®. / そこはブルーノ・ムナーリのメソッド(R)によって創造力とファンタジアを伸ばす、2歳から12歳の子どもたちのための空間です。/ Si impara facendo. La conoscenza plurisensoriale, l'osservazione della natura e delle opere d'arte, la sperimentazione di materiali, strumenti e tecniche, attraverso il gioco come scoperta, stimolano la creativita e favoriscono nei bambini la libera espressione. / そこでは実践を通じて学びます。複合的感覚による理解、自然や芸術作品の観察、素材の実験、道具や技術について、遊びと発見を通じて、子どもたちの自由な感受性を大切にし、創造性を刺戟します。/ Si trova a Milano in via 8. Cavalieri 6, in una bella casa inizio '9oo al piano terreno all'intemo di un silenzioso cortile fiorito. / ミラノのカヴァリエリ通り6番地にあるノヴェチェント初期(1900年代様式)の美しい建物の地上階、花が咲く静かな中庭を望む場所にありまにあります。/  I bambini di oggi sono gli adulti di domani
 aiutiamoli a crescere liberi da stereotipi .. aiutiamoli a sviluppare tutti i sensi
 aiutiamoli a diventare piu' sensibili
 un bambino creativo e’ un bambino felice. / 今日の子どもたちは明日の大人たちです  彼らを既成概念から自由に育つ手助けをしましょう…すべての感覚を伸ばす手助けをしましょう  彼らがより感受性豊かになるよう手助けをしましょう  創造的な子どもは幸せな子どもです/

298.「触覚であそぼう」序章2019年11月27日 20:35

Giocare con tatto, 2002
ムナーリのお弟子さんだったベバ・レステッリさんが2002年出版した「触覚であそぼう」(Giocare con tatto)を入手しました。 序章の部分を日本語で紹介してみます。 /0.1 ブルーノ・ムナーリとの出会い、新しい世界の発見 /La prima volta che ho visto Munari in azione e' stato a un corso suIla stimolazione della creativita infantile a Milano nel 1978. /私が初めて直接にムナーリと出会ったのは、1978年ミラノでの子どもの創造性を刺激する講習でした。 /Per me, un colpo di fulmine, anzi un colpo nel senso letterale del termine: /それは私にとって雷に打たれるような、あえて言うならば概念の衝撃でした。 /in un attimo sono crollati tutti i miei mattoncini ben impilati, la costruzione troppo rigida e schematica delle mie idee. /瞬間に、私のがっちりと積み上げられ凝り固まっていた考え方は完全に打ち崩されたのです。 /Tuttavia il "crollo" e’ stato attutito da un pensiero, per me assai prezioso, di Alberto Munari che suo papa soleva citare: la conoscenza non e’ una struttura verticale, come un grattacielo, ma e’ formata da un reticolo di relazioni continuamente modificabili. /アルベルト・ムナーリが父の言葉として語った、知識は高層ビルのように垂直構造なものではなく関係性の連結であり組み替えられるものだという考え方、それは私のもやもやを崩す、とても貴重な教えでした。 /L'insegnamento di Munari nella mia vita e’ stato un vero e proprio ribaltamento: dalle troppe parole, dalle teorie, alla sperimentazione, al "fare insieme per capire". (Un altro maestro, Paul Klee, aveva detto: "Ci si aggrappa alle teorie perche’ si teme la vita e si ha paura dell'incertezza"). /沢山の言葉と定理、実験(もう一人の師、パウル・クレーは「(人は)人生に不安を感じ、不確実さを恐れるゆえに定理にすがる」と言いました)より「一緒にやってみながら理解する」ムナーリの教えは、私の人生にとってまぎれもない大転換でした:。 /
Munari aveva il dono di insegnare molto dicendo solo poche parole, le piu’ illuminanti e insieme le piu’ imprevedibili. /ムナーリはわずかな、予測できないひらめきに満ちた言葉で、教えを与えてくれました。
La storia del laboratorio che ho fondato a Milano nel I980 inizia dall'incontro-scoperta di Bruno Munari e del suo "fare concreto". /1980年ミラノで立ち上げられたワークショップの歴史はムナーリと彼の「具体的に作る」の出会いから始まりました。
 /Le sue azioni, per incuriosire i bambini per vedere come si fa senza tante spiegazioni, mi hanno fatto ritrovare il gusto di imparare giocando. /彼の動きは、子どもたちに興味をかき立て多くの説明をすることなく何をするかやってみせるもので、私に遊びながら学ぶ楽しさを再発見させました。 /Il suo profondo interesse per la natura e l'acuto senso di osservazione mi hanno aiutato a vedere meglio: le sfumature dei colori, le textures dei materiali, i segni nei sassi, le innumerevoli quantita’ esistenti di muschi... /彼の自然に対する深い興味と鋭い観察眼は私のものの見方をよりよいものにしてくれました: 色のグラデーション、もののテクスチャー、小石の模様、多様な苔の存在など… /Il rigore unito alla costante ricerca dell'essenzialita’ mi ha indicato la via: il suo modo di essere ha favorito la mia comprensione dello Zen. /たしかで不可欠な研究の厳格な結びつきは私に道を指し示しました: 彼の存在は私の禅の理解を助けてくれました。 /Incontrare Munari per me e’ stato incontrare un Maestro - anche se a lui non piaceva essere chiamato cosi’ - a cui sono debitrice di un insegnamento rivoluzionario. Grazie Munari. /私は彼の革新的な教えの弟子として、私にとってムナーリとの出会いは師との出会いでした〜彼はそう呼ばれることを好みませんでしたが〜。ありがとう、ムナーリ。

297.「自然と遊ぼう〜ムナーリのレッスン」2019年07月23日 17:04

ミラノでムナーリのワークショップ(子どものための芸術教育)のスタッフ(弟子)だった、ピア・アントニーニさんにお会いして話を伺ったときに、別のお弟子さんの一人、ベバ・レステッリさんがもうすぐ新しい本を出すはず、と教えてもらいました。 (ベバさんには、2005年の来日講演を聴いたことがあります) 帰国してからしらべてみると確かに新刊が! 「Giocare con la natura. A lezione da Bruno Munari」 イタリアの大手出版社フェルトリネッリ刊のようですね。 https://www.lafeltrinelli.it/libri/beba-restelli/giocare-natura-a-lezione-bruno/9788891782403 新しすぎて、まだ日本のamazonでは取り扱いが見当たりませんが、手に入れたいと思っています。

296.「トランスフォーメーション」ムナーリの知育玩具2019年07月03日 20:29

2019年6月に、数年ぶりにミラノまで出かける機会があり、市内のコッライーニのお店を訪ねてみました。 ムナーリの著書や玩具などを数多く出版復刻しているコッライーニ社はイタリア中北部のマントヴァという町に本社があるのですが、最近ではミラノに直営店を三カ所に展開していました。 もちろんムナーリの本以外にも色々な書籍を出版してるのですが、相変わらず精力的にムナーリ関係の復刻も進めているようで、「これが最近出たんだよ」と紹介してくれたのが「トランスフォーメーション」です。 正方形のボックスにイラストカードが60枚入っていて、組み合わせることで自分なりのイメージを展開できる、絵合わせのようなパズルのような不思議な知育玩具です。 (ISBNナンバー<ISBN: EAN 8033532910426>はついていますが、通販サイトで検索しても新作過ぎるのかヒットしません) オリジナルは1975年、ジョバンニ・ベルグラーノという人とムナーリのコラボレーションで作られたとのこと。 そう遠からず、日本にも輸入されてくるのではないでしょうか。

294.マントヴァでのワークショップ(i laboratori tattili-23)2019年04月30日 17:37

1984年10月から11月に、(マントヴァの)マウリツィオ・コッライーニ(Maurizio Corraini)現代美術ギャラリーでのワークショップ。ギャラリーの一室の中央で、子どもたちは金属製のベッドのような「アビタコロ」(ムナーリがデザインした金属製のユニット家具)と出会った。  沢山のボルトで組み立てられたアビタコロの上には、フレームが隠れるほど一杯の山のような素材であふれている。子どもたちはそこによじ登り、入り込み、飛び上がり、また繰り返し出入りしながら、そこにあるすべてのものに触れてみることができる。  アシスタントの大人が子どもたちに触感を表現する言葉を投げかける:柔らかい、フワフワする、ぐにゃぐにゃする、ザラザラする、などなど。こうして子どもたちは自分の感じている触感を言語化して覚えていく。  そして最後に、(大人たちにとって)唯一なにより大変なのは、子どもたちをこの刺激的な代物から引き離して、家に連れ帰ることだったろう。

293.トリエステでのワークショップ(i laboratori tattili-22)2019年04月21日 22:04

 1984年10月、ナディア・バッサネーゼ(Nadia Bassanese)のスタジオで開催されたムナーリ展に合わせてワークショップが行われた。展覧会開催中の毎日、スタジオではワークショップが開かれた。スタジオの一室には部屋の中央に四角く囲われたエリアを設け、山のように切り刻まれたさまざまな触り心地の素材が用意された。子どもたちはその周りに置かれた布のソファに座り、靴を脱いで講師(ムナーリやその他のスタッフが各回のワークショップに関わった)が話しかける内容:まず、顔やシャツや靴などいろいろなものをを触ってみよう、という話を聞いた。そして、子どもたちは素材のエリアに入っていろいろなものに触れ、素材の違いを見つけたり、コントラストのある組みわせやわずかな感触の違いの組み合わせえを感じながらそれぞれのオブジェを作ってスタジオの壁に飾っていった。  (p52写真説明)トリエステでのワークショップは、(フリウリ)州の教育研究センターと、マリアグラツィア・チェッリ(Mariagrazia Celli)、マリネッラ・ラヴァリコ(Marinella Ravalico)、マリーザ・ロッセッティ(Marisa Rossetti)らによって準備された。  ワークショップには幼稚園の教師や展覧会に付き添ってきた保護者も参加した。  (p53写真説明)子どもたちが彼らの感じた触感を伝える、異なる素材の組み合わせや直線的構成、ブックレット型などの力作の例。

292.触覚の構築物(i laboratori tattili-21)2019年04月16日 08:37

 細長いパネルや、帯状の厚紙、紐やリボンなどにリネアな触覚の構成(作品)を作るやり方以外にも、いろいろな素材、いろいろな触覚を組み合わせてオブジェを作ることもできる。 (作品写真)これらのオブジェは(平面的構成とは)また違った遊び方ができる。外側から、内側から、右側から、左側から、片手で、両手で、さまざまに触れることができる。  触っていく順序(ルート)を決めても良いだろう。それぞれのルートから触覚の刺激により異なる物語が生まれるし、そこに具体的なイメージを与えても良い: ネコみたいな柔らかさ、街路みたいな固さ、壁のような粗い感触、鉢のようなへこみ、瓦のようなでっぱり。今度はどんな物語が生まれるだろう?

291.その他のワークショップ(i laboratori tattili-20)2019年04月12日 23:50

(p43写真説明) 学校で行われた触覚のワークショップ。壁には触り心地を比べるパネルが、テーブルには触ったり組み合わせたり混ぜ合わせたりできるたくさんの素材が用意されている。 (p43写真説明) 素材に触りながら、その感触を覚えていく。 (p44写真説明) 自分の髪に触ってごらんなさい、セーターに触ってごらんなさい、ほっぺたに触ってごらんなさい、メッタ・ジスロン(Metta Gislon)が子どもたちに語りかける。お母さんのほっぺたはどんな感じ?やわらい!お父さんのほっぺたはどんな感じ?ザラザラしてる! 学校にある素材を使っていろいろな方法で構造物を作り、いろいろな布素材でこの木製の骨組みを覆ってみよう。 床に広がったおがくずや発泡スチロール(梱包材)。子どもたちは全身を使って触覚の感覚を味わう。 屋外に出れば、より多くの触覚の体験を与えることができる: 草、土、葉っぱ、枝、芽、石… そしてワークショップに戻って、紙を切ったり折り曲げたり濡らしたりしながら、(屋外で感じた)感触を再構成することができる。 そして、ふたたび屋外で遊ぶための何かがそこで生み出される。
<< 2019/12
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

このブログについて

イタリアの芸術家+デザイナー+教育者、ブルーノ・ムナーリのことなどあれこれ。
こちらにもいろいろ紹介しています(重複有)https://fdl-italform.webnode.jp/

RSS