337.「ムナーリ・メソッド」-042020年07月24日 13:17

L’INTERESSE VERSO L’INFANZIA
幼児期への関心

Perché, come, quando un designer, pittore, grafico, scrittore (l’eccetera qui è doveroso ) si occupa di bambini?
なぜ、いつ、どのように、かの画家、デザイナー、作家(等々、と言わずにおくことが出来ない)は子どもに関わったのか?
Questa riflessione può fornirci nuovi elementi che possono essere ricondotti all’approccio metodologico. Forse si potrebbe rispondere alla domanda dicendo che sono state le circostanze della vita che lo hanno fatto accadere.
この振り返りは、方法論的アプローチにまで遡ることができる新たな要素を提供してくれるだろう。あるいは、それは人生の状況がもたらしたものとも言える。
Proviamo ad addentrarci in questa argomentazione cominciando ad osservare un bambino che, diventato adulto e papà, incontra il problema di offrire a suo figlio un libro adeguato ai bisogni di un bimbo.
子どもが大人になって父親になり、子どものニーズに合った本を我が子に与えたいという問題に直面している様子の観察から、この議論に入ってみよう。
Da qui la realizzazione di una splendida collezione di sette libri per bambini ( 1945, 1945 a, 1945 b, 1945 c, etc.), a cui sono seguiti tanti altri capolavori dedicati ai più piccoli.
この状況から7冊の素晴らしい子どものための本(1945年、1945年a、1945年b、1945年cなど)のコレクションを生まれ、さらに子どもたちのための他の多くの傑作が生まれた。
Opere che evidenziano un’attenzione pronta a fornire risposte ad esigenze dei bambini assolutamente evidenti, ma non sufficientemente prese in considerazione.
彼が子どもたちのニーズに応える準備ができていることを示す作品は明らかであるが、しかし十分に考察されてはいない。
Chiedersi quale libro possa essere più adatto ad un bambino che non sa ancora leggere e scrivere è una domanda opportuna, ma arrivare a progettare una collezione di libri plurisensoriali, che diventano luogo dell’esperienza stessa del bambino, è una risposta geniale.
まだ読み書きができない子どもにどの本が最適なのだろうかと考えることは、真っ当な課題だろう。しかし子ども自身の経験の場となる多感覚的な本のシリーズをデザインすることはまさに天才的な対応である。
Questo originale approccio dell’artista sarà poi recepito in uno dei laboratori per bambinioggi più richiesti: quello che permette loro, attraverso varie tecniche, di costruire i primi libri.
今日、様々なテクニックを駆使して「子どもの初めての本」を作ることができるようになるというかの作家独自のアプローチを、より多くのリクエストのある子ども向けワークショップの一つとして実践している。
Bruno mi faceva notare come un bambino che poteva sperimentare la costruzione di un suo libro - ricercando vari materiali, provando differenti modalità di costruzione e di assemblaggio delle pagine, realizzando liberamente un oggetto\libro nel quale esprimersi – avrebbe mantenuto un approccio positivo e curioso anche quando, da grande avrebbe incontrato altri libri. Invece se il primo approccio fosse stato noioso e faticoso, non avrebbe più voluto saperne dei libri.
ブルーノは、子どもがどのように自分の本を作る実験をしながらいろいろな材料を研究したり、いろいろな作り方を試したり、ページを組み立てたり、自由に自分を表現する対象を作ったりできるかを示してくれた。- 子どもは大人になって他の本に出会ったときも、積極的で好奇心旺盛な姿勢を持てることだろう。逆に、最初のアプローチが、つまらない疲れるものだったとしたら、本のことを知りたいとは思わなくなるだろう。
Successivamente avvenne l’incontro, tra l’artista e il mondo della scuola, anche attraverso l’amicizia con l’ ispettore didattico Giovanni Belgrano; senza dimenticare di considerare il ruolo e la presenza, accanto a Bruno, del figlio Alberto, nel frattempo diventato professore presso la Facoltà di Psicologia e Scienze dell’educazione dell’Università di Ginevra.
その後の芸術家と教育の世界との出会いは、教育学者ジョヴァンニ・ベルグラーノとの友情を通じても行われた。またその間にジュネーブ大学の心理学・教育科学部の教授になった息子アルベルトの役割と存在を忘れずにおくべきだろう。
Non solo personalmente ho sentito molte volte Bruno riferirsi alle riflessioni di Alberto, relativamente alle modalità d’apprendimento dei bambini, ma in molti scritti Bruno cita sia il figlio che lo stesso Piaget, con rimandi alle loro riflessioni sulla genesi della conoscenza.
私は個人的にブルーノが子どもたちがどのように学ぶかについてのアルベルトの考察に対して言及しているのを何度も聞いたことがあるだけでなく、多くの著作の中でブルーノは息子とピアジェ自身の両方に言及し、知識の起源についての彼らの考察にも言及している。
Per Bruno Munari questi incontri furono occasione per conoscere problemi, tensioni e possibilità della scuola e, a mio avviso, per coinvolgersi, tanto da non tirarsi più indietro.
ブルーノ・ムナーリにとって、これらの出会いは、教育の問題、興味や可能性を知る機会であり、思うに、彼が後戻りできないところまで教育に関与する機会となった。
Con Belgrano preparò una serie di giochi didattici che avevano lo scopo di offrire ai bambini materiali utili al loro apprendimento attraverso il fare. Uno dei più conosciuti è il gioco del “Più e meno”, realizzato nel 1970 e formato da una serie di carte di cui 48 trasparenti che permettono, attraverso giochi di sovrapposizione o sottrazione, di realizzare immagini che, nel loro continuum, generano storie sempre diverse.
ベルグラーノと彼は、子どもたちがそれを用いながら学ぶための有用なマテリアルを提供することを意図する一連の教育玩具を作った。中でも有名なのが、1970年に作られた「プラス・マイナス」という玩具である。それは48枚の透明なカードによって形成され、重ね合わせや抜き取りあそびを通して、その連続性の中で、常に異なった物語を生むイメージを作り出すことができるというものだ。

336.「ムナーリ・メソッド」-032020年07月06日 18:40

p03 (4)
La sua curiosità infantile diventava già progetto quando sperimenta le possibilità di uno specchietto, accompagnando l’ azione da una continua riflessione che lo porta ad orientare l’evolversi dell’esperienza con una più precisa intenzionalità ludica, fino a scoprire la meraviglia nei colori dell’arcobaleno.
彼の幼少期の好奇心は、彼が小さな鏡に角度をつけながら繰り返し反射させながら適切な角度を探るあそびの経験の中で、虹の色の中の不思議を発見した時点ですでにプロジェクトになっていた。
“E poi avevo un piccolo specchietto rotondo che mi aveva regalato la nonna...Andavo fuori di casa al sole e mettevo lo specchietto in modo che mandasse un raggio nel buio di una stanza attraverso la finestra aperta. Potevo vedere benissimo tutto quello che illuminava.
"私は祖母ががくれた小さな丸い鏡を持っていた...太陽の下で家の外に出て、開いた窓から部屋の暗闇に光線を送るように鏡をセットしてみた。すると光に照らし出されたものが全てはっきりと見えた。
Muovendo questo punto luminoso nella stanza lo feci cadere sopra uno specchio: immediatamente un altro raggio di sole rimbalzò nella stanza e andò a posarsi sul muro di fronte.
部屋の中でこの明るいスポットライトを動かして私は鏡の上に光を落としてみた:すぐに太陽光が別の向きに部屋に跳ね返り反対側の壁に届いた。
Questo mi fece molto pensare. Un altro giorno, prendendo un raggio di sole che era entrato nella stanza, col mio specchietto lo mandai nella credenza: il punto luminoso colpì un bicchiere di cristallo e vidi tutti i colori dell’arcobaleno” (Munari B., 1990).
そこで私はいろいろ考えた。別の日、私は鏡で部屋に入ってきた一筋の太陽光を戸棚に送ってみた:明るいスポットライトがクリスタルのガラスに当たって、そこに私は虹色を見つけた」(Munari B. 1990)。
Di certo, per come posso intuire, avendo avuto il privilegio di conoscerlo e di confrontarmi di persona con lui su vari progetti, questo artista, riconosciuto come sinonimo stesso di creatività in tutto il mondo, ha educato la sua particolare modalità di rapportarsi alle cose proprio nella prima infanzia.
様々なプロジェクトで彼と直接向き合ってきた経験から推測すれば、世界中で創造性の代名詞として認められた、この芸術家は幼少期に特殊な物事の関わり方を学んできたのかもしれない。
Questo ci deve fare riflettere fino a confermarci che un intervento educativo volto a stimolare un pensiero più creativo deve svilupparsi già nei primi anni di vita di un individuo, prima che compaiano stereotipie o modelli di conoscenza di tipo più ripetitivo o meccanico.
このことは、より創造的な思考を刺激することを目的とする教育的な関わりは、反復的で機械的な固定観念や知識モデルが現れる前に、個人の人生の最初の数年間ですでに発展していなければならないことを明らかにするという点で、私たちに反省を促している。
E’ molto più facile educare una persona ancora in formazione piuttosto che un soggetto adulto che presenta già dei “blocchi”.
すでに「固まり」となっている大人よりも、発達に途中にある人(子ども)を教育する方がはるかに容易であろう。
Questi primi esempi rendono evidente come l’acquisizione delle informazioni, la riflessione e la conoscenza avvengono attraverso un fare, che diventa sempre più competente.
最初の例は、情報の獲得、内省、知識の獲得が、「実践すること」を通してどのように成長していくかを示している。
Non c’è un adulto che insegna qualcosa, ma è il bambino stesso, per natura curioso, che interagisce con l’ambiente in una modalità esperienziale che gli permette di costruire nuove conoscenze. Qui non assistiamo ad un “fare accanto al dire” perché le parole arrivano dopo.
何かを教える大人がいなくても、好奇心旺盛な子ども自身が経験的な方法で環境と対話し、新たな知識を構築していくのだ。ここでは言語化は後から来るので、「言ってからやる」のではない。
Di fatto questo è quello che succede nei nostri laboratori dove grandi e piccini sono invitati a fare e solo al termine della sperimentazione - che deve essere la più autentica e sincera possibile- si riflette, tutti insieme, per osservare cosa tutti hanno scoperto e rendere tali informazioni patrimonio comune, in una dimensione in cui il sapere diventa bene collettivo e non potere di pochi.
実際にこれは、私たちのワークショップに子どもと、一つの実験~出来るだけ本物で誠実な実験~の最後にだけ招かれる大人が、一緒に誰もが発見したものを観察し、少数の力ではなく、知識が集合的な善となる次元でその情報を共有するために行われる。
Affrontando gli elementi basilari e costitutivi del nostro approccio metodologico, vorrei far emergere la necessità di mettere in relazione i dati raccolti dall’esperienza. Senza questo passaggio non si giungerebbe a nuove conoscenze.
私たちはメソッドの基本的で構成的な要素に取り組む中で、経験から集めたデータを関連付ける必要性を強調したい。このステップなしに新たな知識は得られない。
Trovo esemplificativo di ciò una riflessione dell’artista :“Il problema basilare quindi, per lo sviluppo della fantasia, è l’aumento della conoscenza, per permettere un maggior numero di relazioni possibili tra un maggior numero di dati.
ファンタジアの発展のための基本的な問題は、より多くのデータの間で可能な限り多くの関係づけを可能にする知識の増加である。
Questo naturalmente non significa che, automaticamente, una persona molto colta sia anche una persona con molta fantasia. No, di certo. Ci sono persone che hanno memorizzato una quantità enorme di dati, e che per altre persone passano per persone molto intelligenti, invece si tratta solo di memoria. Se queste persone non fanno relazioni tra quello che sanno,
もちろんこれは、言うまでもなく、非常に教養ある人が自動的に想像力に富んだ人であるということを意味するものではない。膨大な量の情報を保存している人がいて、それを他の知的な人へと伝えたとしても、それが相手が知っていることと関連しなければ、それはすべて記憶(記録?)にすぎない。
p04 (5)
non usano la fantasia, resteranno come un meraviglioso magazzino di dati inerti. Come un dizionario che ha tutte le parole con le quali costruire ogni poesia, ma non ha nemmeno una poesia. Uno strumento non utilizzato” ( Munari B.,1977, p. 35 ).
彼らはファンタジアを用いることなく不活性なデータの素晴らしい倉庫のように留まり続ける。それはすべての詩を構築するためのすべての単語が載っているが、ひとつの詩も載っていない辞書のようなもの、未使用の楽器のようなものだ。」( Munari B.,1977, p. 35 )。

335.「ムナーリ・メソッド」-022020年06月22日 21:12

p02 (3)
TUTTO COMINCIA DALLA CURIOSITÀ DI UN BAMBINO
すべては子どもの好奇心(興味)からはじまる
Ogni volta che descrivo il lavoro di Bruno Munari non posso tralasciare dal partire dai ricordi del bambino, citati dall’artista stesso in diverse occasioni. Tutto parte da lì ed è il bambino che costruisce l’uomo.
ブルーノ・ムナーリの作品を語る上で、彼自身がしばしば言及している幼少期の思い出は外すことはできない。すべてはそこから始まり、人を形成するのは幼少期である。
Così la curiosità del bambino diventerà la curiosità dell’uomo e dell’artista.
Ricordo, tra i tanti, uno scritto che rivela il suo particolare approccio al gioco che era, per lui, già occasione di conoscenza.
こうして子どもの好奇心は、人として、芸術家としての好奇心になるだろう。
彼の多くの著述の中で、彼にとって発見の機会となったあそびへの特定のアプローチを明らかにする記述を思い出す。
Diceva: “Poi avevo un altro giocattolo: un bastoncino di bambù. Bellissimo e flessibile, lungo circa un metro sembrava verniciato di verde ( era stato appena colto), e si teneva bene in mano; ogni dieci centimetri circa aveva un nodo e all’ultimo nodo in alto avevo legato una cordicella.
「私はもう一つのおもちゃ、竹の棒を持っていた。きれいでしなやかで、長さは1メートルくらい、(摘み取ったばかりなので)緑に塗ったように見えて、手に持ってみると、10センチくらいごとに節があり、最後の節のところで紐を結びつけた。
Era una frusta, mi divertivo a farla schioccare come fanno i carrettieri, dopo un poco l’estremità della cordicella si era consumata ed era diventata come un fiocco.
それは鞭で、私はそれを馭者のようにそれを振って楽しみ、しばらくすると紐の先端が摩耗して弓のようになった。
Se legavo questa estremità della cordicella alla estremità in basso del bastoncino di bambù, questo diventava un buon arco sufficientemente flessibile per lanciare le frecce, che erano di un altro tipo di canna con un piccolo peso direzionale in cima.
この紐の端を竹の棒の反対の端に結べば、上にとがった小さな重りを付けたもう一本の矢を飛ばすのにちょうどよい、柔軟な良い弓になるだろう。
Potevo slegare di nuovo la cordicella ed attaccarle un amo per andare a pescare. Potevo togliere la funicella e avevo così un bastoncino da passeggio che mi serviva per toccare o muovere qualcosa per terra, come una prolunga del mio dito.
また紐をほどいてフックを付けて、それを使って釣りに行くこともできた。紐を外すことができるので、指の延長線上のように地面にあるものを触ったり動かしたりする杖にもなった。
Se agitavo velocemente il bastoncino in aria, ne usciva un suono. La sua flessibilità mi suggeriva di farne tanti usi diversi: una fionda, una catapulta, una molla. Dopo un po’ di giorni il verde del bambù era diventato giallo ma non aveva perso il lucido”( Munari B., 1990).
棒を素早く振ったら音が出た。その柔軟性は多くの異なる用途を示唆してくれる: スリングショット、カタパルト、スプリング。数日後には、竹の緑色は黄色くなっていたが、その輝きは失われていなかった」(ムナーリ・B、1990年)。
In questo testo percepiamo un bambino che rivela una curiosità operativa, che si esplicita e si nutre di ciò che l’azione gli mostra. Una curiosità che gli permette di acquisire svariate informazioni e di metterle in relazione tra di loro.
このテキストで、行動によって表現され養われる、ものを操作する上での興味を喚起している子どもの姿が見てとれる。様々な情報を受け止め、それを相互に関連付けることができる好奇心である。
Un bambino che sa immaginare, in una modalità dinamica e che è in grado di variare la sua esperienza in un continuo gioco proiettivo, fondato su elementi oggettivi.
ダイナミックなモードで客観的要素に基づいて、連続的に投影されるあそびから経験値を変化させることができる、想像力をもっている子ども。
Percepiamo, ancora, un bambino che non si annoia, ma che sa continuamente stupirsi di ciò che scopre, anche partendo da elementi molto semplici in cui lui riesce a vedere “un mondo” di sensazioni, di possibilità, di qualità.
感覚、可能性、質の「世界」を見ることができる、非常にシンプルな要素から始めても飽きることなく、常に発見したことに驚きを得られる子どもを見ることができる。
L’ artista manterrà poi, per tutta la vita, l’attenzione curiosa e progettuale verso ogni materiale; anche mostrandone usi differenti, come nel caso in cui utilizzerà la filanca, materia con la quale venivano realizzate le calze da donna, per farne una lampada.
その後、かの芸術家は彼の生涯を通じて、すべての材料への好奇心とデザインの注意を維持していた。女性のストッキングが作られていた素材を使ってランプをデザインしたように、様々にその応用を示している。 In questo caso è interessante notare come il bambù, conosciuto e sperimentato da piccolo, lo accompagnerà fino a realizzare magnifici “vasi in bambù” che stupirono anche gli orientali per semplicità e aderenza allo spirito zen.
彼が子どもの頃から知っていた竹を用いて(訳注: 日本での滞在中)見事な「竹の花瓶」をデザインし、素朴さと禅の精神によって東洋人をも驚かせた事例も興味深い。
Questa relazione tra le esperienze infantili ed il suo lavoro di artista è Bruno stesso che la rende evidente, quando racconta che “Le canne mi hanno sempre interessato molto per la loro natura, per il vuoto interno chiuso, ogni tanto da un diaframma.
彼の幼少期の経験とアーティストとしての作品との関係は、ブルーノ・ムナーリ自身が「葦はその性質上、ところどころ節によって閉じられた内部の空隙のために、常に大きな興味を与えてくれた」と語るところで明らかになる。
Tagliando le canne secondo la loro natura venivano fuori oggetti diversi ( chissà se questa esperienza giovanile mi è servita quando ho disegnato vasi di bambù per i giapponesi ? )” (Domus, 1986).
その性質に合わせて葦を切っていくと、いろいろなものが生まれる(日本人のために竹の花器をデザインしたとき、この子どもの頃の経験が役に立ったかどうかはわからないが。)” ドムス、1986年)。
Nello stesso articolo interviene intorno al tema della curiosità, affermando che si tratta di orientare la curiosità infantile innata (che poi è bene conservare dentro di sé per tutta la vita) e impedire la formazione di stereotipi che impediscono di capire come le cose realmente sono.

同じ記事の中では、好奇心というテーマについて、生まれたての子どものような好奇心(を一生自分の中に持っておくとよいこと)を方向づけ、物事の本質理解を妨げる固定観念の形成を防ぐことである、と語っている。

334.ムナーリ協会による「ムナーリ・メソッド」-012020年06月13日 11:17

イタリアのブルーノ・ムナーリ協会が2020年4月からオープンした新しいウェブサイト「In casa con Munari」には、すでに多くの読み聞かせ動画やムナーリの教育に関する貴重な資料が数多く公開されています。
https://www.incasaconmunari.it/index.html
現時点ではイタリア語のみですが、近日中に英語版も公開予定とのことです。本当は日本語版もほしいですね・・・
協会のスペラーティ会長による「ムナーリ・メソッドとは」というpdf資料も公開されているので、試みに日本語にしてみようと思います。

IL METODO BRUNO MUNARI
Assunti principali del metodo ed esempi di applicazione
主なメソッドの前提と応用例

Testo a cura di Silvana Sperati
(Presidente associazione Bruno Munari)
tratto da A. Antonietti e S. Monteni,
Educare al pensiero creativo, Erikson
Copyright © 2020 A.B.M. - Tutti i diritti sono riservati

p01 (2)
PREMESSA
序文 Parlare del Metodo Bruno Munari credo sia impresa difficile come lo è voler raccontare Bruno Munari stesso. Questo fa riflettere sulla vicinanza tra l’artista e la metodica che ogg è conosciuta con il suo nome. Prima di tutto è necessario intenderci circa la direzione verso la quale vogliamo rivolgere la nostra attenzione.
ブルーノ・ムナーリ・メソッドを語ることは、ブルーノ・ムナーリ自身を語りたいと思うのと同じように難しい。このことは、彼自身とその名で今日メソッドとの親密さを考えさせられる。まず、彼がどのような方向に目を向けたのかを理解する必要があるだろう。
Se parliamo, per esempio, ad un gruppo di designer ci dobbiamo riferire ad un approccio ben specifico, già codificato, che riguarda tale settore di ricerca e lavoro. Invece se parliamo a dei grafici dobbiamo considerare una fruizione del Metodo Bruno Munari, assolutamente congruente con quello che è il loro ambito d’ indagine.
例えば、デザイナーのグループと話をするときには、すでに成文化された研究や仕事の領域に関係する非常に特殊なアプローチを参照しなければならない。一方、グラフィックデザイナーと話をするならば、彼らの追求する分野と確実に一致するブルーノ・ムナーリ・メソッドの成果を考えなければならない。
La stessa cosa capita se parliamo con degli scrittori, oppure con dei pittori, o, ancora, con degli inventori. Forse anche con dei pedagogisti, ci vien da dire oggi. Bruno Munari sfugge agli ambiti circoscritti, per assumere un’ universalità di pensiero e di applicazione che lo rende unico. Un genio.
作家や画家、あるいは発明家と話しても同じことが起こる。 おそらく教育学者に対しても、言わなければならないことがある。 ブルーノ・ムナーリは彼のユニークな思想の普遍化と応用のために、彼を取り囲む領域から逸脱する。彼はまさに天才だった。
Possiamo rilevare come il suo approccio metodologico, da lui stesso esplicitato parecchie volte - ricordiamo, esemplificativo per tutti, il capitolo Che cos’è un problema (Munari B., 1981, p. 35 ) in cui espone il suo conosciutissimo modello verso l’ approccio ad un problema di design- si sia concretizzato in aree differenti, ognuna delle quali presenta elementi tecnici ed operativi diversi e specifici, pur mantenendo una profonda coerenza con se stesso.
彼の方法論的アプローチについて彼自身が繰り返し明らかにしていることに注目しよう - すべてに当てはまる例として、「問題とは何か」(Munari B., 1981, p. 35)の章を参照してみよう。その中で彼はデザインのアプローチについて、さまざまな分野で実践された、よく知られたモデルを公開している。それぞれが深い一貫性を維持しながら、異なる特定の技術的および運用上の要素を示している。
Nell’ambito di questo contributo privilegerò il settore educativo e didattico. Fu l’artista stesso a descriversi utilizzando anche il termine didatta, posto accanto a tanti altri. Soprattutto volle sottolineare, in particolare negli ultimi periodi della sua vita, il valore dei laboratori.
彼のモデルの貢献の一つとして、まず教育分野について考えてみよう。 彼は他の多くの人にとって身近な用語を用いて自分自身を表現したアーティストだった。そして何よりも、彼は特に人生の最晩年にワークショップの価値を強く訴えた。
Spesso mi ricordava che i bambini erano il futuro ed io in quell’affermazione riconoscevo la tensione a guardare in avanti, protraendo un’opera che intuiva densa di significati e di possibilità. Ne è prova la risposta che offrì al figlio Alberto che lo intervistava:“ Il lavoro che considero, per ora, il più importante come progetto di design è quella della messa a punto continua di un metodo didattico per la stimolazione della creatività infantile.
彼はしばしば、子どもたちとは未来だ、と言ったが、その言葉の中には、そこに意味と可能性が満ちていると感じた作品を続けながら、未来を望む感情がみてとれる。その証拠として、彼は息子のアルベルトに次のように語っている。「私が今デザインのプロジェクトとして最も重要だと考えている作業は、子どもたちの創造性を刺激するための教則的なメソッドを継続的に開発していることだ。
Per la realizzazione di sempre nuovi laboratori per bambini in varie parti del mondo, nei musei e nelle grandi mostre. Adesso sto mettendo a punto un laboratorio per bambini sul design, su come si fa a progettare, cominciando dalla scuola materna con la conoscenza dei materiali e delle loro possibilità. Questi laboratori per bambini (...) sono in certo casi diventati un servizio sociale per le scuole e anche per gli anziani oltre che per i bambini” ( Domus, 1986).
世界各地の美術館や大規模な展覧会での子どもたちのための新しいワークショップを創造するために。いま私は子どもたちのために、素材とその可能性についての知識を用いて、幼稚園からデザインの方法についてのワークショップを開発している。子どもたちのためのこれらのワークショップ(...)は、場合によっては、学校や高齢者や子どもたちのための社会サービスとなるだろう」(Domus, 1986)。
Ora, nella descrizione di quello che definiamo Metodo Bruno Munari, cercherò di far intravedere le caratteristiche e le possibilità che ci offre questo approccio. Un aiuto formidabile in questo sforzo, mi verrà da Donata Fabbri ed Alberto Munari - psicologi ed epistemologi, già allievi di Jean Piaget- che all’interno della Associazione Bruno Munari – istituzione che ufficialmente da più di un decennio sviluppa e divulga l’opera dell’artista - hanno operato un’ importante opera di rilettura e riflessione dei principi base che sostennero ed orientarono l’approccio didattico di Bruno in quelli che ora definiamo laboratori di educazione al pensiero progettuale creativo.
私たちがブルーノ・ムナーリ・メソッドと呼んでいるものの説明の中で、このアプローチが私たちに提供してくれる特徴と可能性を垣間見てみよう。そのために、ドナータ・ファブリとアルベルト・ムナーリが強い味方となってくれる。- 彼らは認知心理学者で、ジャン・ピアジェの弟子であるアルベルト・ムナーリはブルーノ・ムナーリ協会(10年以上にわたって公式にアーティストの作品を開発し、公開している機関)において、私たちが創造的なデザイン思考のための教育ワークショップと呼んでいるブルーノの教育的アプローチを支え、導いた基本原則を読み返し、反映させる重要な仕事をしてきた。

333.ローマの「ムナーリとロダーリのあいだ」展2020年05月23日 20:53

ローマで6月15日から10月24日まで開催される「TRA MUNARI E RODARI(ムナーリとロダーリのあいだ)」展について、FACEBOOKの公式ページにいろいろと動画など紹介され始めました。
https://www.facebook.com/watch/?v=550305358833242

332.ムナーリ協会会長のインタビュー記事2020年05月15日 15:50

ブルーノ・ムナーリに関するウェブサイトを立ち上げたムナーリ協会会長(数年前、NHK「奇跡のレッスン」でも紹介された方です)のインタビュー記事をご紹介します。
https://www.artribune.com/professioni-e-professionisti/didattica/2020/05/imparare-con-munari-intervista/?fbclid=IwAR0x9x-qzkWAvAMKZgeq73iTG-5_ZaZcmLEOBSC_acfEKMdXTvvTm9R6NsQ
(アクセス:2020/5/10)
「ウェブ時代に学べるムナーリのメソッド」 2020年5月9日付  文:アンナリーサ・トラサッティ ムナーリ・メソッドを詳述するウェブサイトを、ロックダウン中にネット公開したブルーノ・ムナーリ協会会長に聞く。 (訳注:「お家でムナーリ」、現時点ではイタリア語のみ https://www.incasaconmunari.it/index.html)  家が...この歴史的瞬間に家ができた。ブルーノ・ムナーリ協会は、子どもも大人も実験を通して創造的な方法で自分たちの世界を生きるのを助けるため「お家でムナーリ」というサイトでウェブ上にスペースを提供している。シルヴァーナ・スペラーティ会長に聞いた。
(問)ブルーノ・ムナーリについてはみな知っていますが、あなたが会長を務めるムナーリ協会は、いつ誕生したのですか?

 ブルーノ・ムナーリ協会(ABM)は、ブルーノ・ムナーリの没後数年後の2001年に、彼の息子であるアルベルト・ムナーリ教授、ジャン・ピアジェの学生であり共同研究者でもあった心理学者・認識論者であるドナータ・ファブリ教授と共に、芸術家の協力者を集めたMU-NARIグループによって設立されました。協会が設立された主目的の一つは、かの芸術家のアート、デザイン、教育へのアプローチを特徴としたオリジナルな要素を抽出するということでした。ブルーノがお祝い事を望んでいないことはわかっていましたが、彼の洞察力と本物の思考が、他の文化芸術関係者、そしてもちろん子どもたちへの刺激になったら嬉しいですね。
(問)協会の目的と主な行動とは?

 ABMの活動はブルーノのメソッドの遺産の研究と体系化を主な目的としていたので、時間が必要でした。その間、教師からデザイナー、文化事業者、そしてアーティストなど、彼のメソッドについてもっと知りたいと思っている多くの人々に向けて、ムナーリ・メソッドの高度なトレーニングプログラムが開発できました。それは個人的な成長の時間でもあり、創造性に対する自分自身のアプローチとの積極的な関わりの時間でもありました。この20年にわたる活動では、アルベルト・ムナーリとドナータ・ファブリから多大な方法論的支援を得て、ムナーリ・メソッドの構成要素を正しく定めることができました。こうして多くの生徒が「ムナーリの再現」(これは不可能なことですが)ではなく、彼のアプローチの要素を用いて新しい可能性を発見し、別の視点から彼の作品を見直すことができるようになったのです。
(問)この中で、ワークショップの役割は何なのでしょうか?

 ブルーノ・ムナーリ協会は展覧会と連携するワークショップに関するものなど、かの作家の直感の一部を「役に立たたない」ものでない、それ自体が「未来へ」、すなわち子どもたちのために実験の次元を提供する、文化的な活動で発展させることに力を注いできました。それら重要な努力は最後に新しいプロジェクトに向かいます:その一つは2015年万博イタリア館でのムナーリのインスタレーションで、日本のテレビ番組とのコラボレーション、ローマ市との10年間の活動、子どもたちへのサービスなどもあります。
(問)ポータルサイトのアイデアはどのようにして生まれたのですか?

 このプロジェクトは、家庭での不安についてクレモナのIncodeのウェブデザインスタジオとの何気ないコンタクトから始まり、本当にクリエイティブな発端からでした。(新型コロナウイルスの)健康上の緊急事態を考えると、彼らは家の中にあるものしか使えない状態で「(つねに)子どもと一緒にいる」新しいスタイルを設計しなければならないことに気付きました。ムナーリメソッドがどのように様々な文脈で適用できるかを示し、限界(余儀ない状況)を創造的なリソースに変換することができる全てのオリジナルな活動を構想し、実験し、提案してきたプロジェクトの中で生まれた内容を示しています。設計、実装、継続的な更新のフェーズを、一定ではあるが「遠隔」的対話で共有することで、このウェブサイトは生まれました。ここでも限界を克服し、通常の行動の自由を許さない状況でも実験や研究ができることを証明していると言えます。
(問)どのようにプロジェクトを進めたのですか?

 このプロジェクトでは様々なスペースを提示し、自分自身の行動で完結しない、刺激を生み出すオリジナルなワークショップ活動を提案しています。むしろ子どもや親が全く違った視点で家庭を見直しいままで考えなかった発見をするような、リアルな実験の活性化です。芸術への参照は連続的であり、好奇心を拓いてより多くのことを学ぶ欲求を開発できます。緊急事態を乗り越えて、子どもたちと共に新しい在り方や遊びを刺激したいというプロジェクトです。
(問)ウェブサイトをデザインする際には、どのような受け手を想定したのでしょうか?

 私たちはまず、そこから子どもとの違った体験ができ、新しい関係性を発見することができであろう、仲介者やファシリテーターになれる両親のことを考えました。より創造的な技術の活用の提案で自律的な研究への刺激を見出すことができる年長児についても考え、授業を提案する指導や行動の提案ができる教師についても考えました。「お家でムナーリ」を使ってくれる人に継続的に参考にしていただけるように、個人的回答を掲載したニュースレターサービスも開始しました。
(問)どのようなコミュニケーションの戦略を立てたのでしょうか?

 協会のFacebookとアドレスに送られたメールをもとにしたとてもシンプルなコミュニケーションです。そして、新たにFacebookとInstagramの専用ページを開設しました。イタリア全土からの反応はすばやく、非常に良い感触です。予想以上にも二日目にはすでに4500人以上の人が同時にサイトに接続していました !さらに、このプロジェクトへの注目は国を越えており、アメリカ、イギリス、スイス、フランス、スペイン、日本からもアクセスがあります。これは私たちの大きな喜びとなり、人々が必要性を感じていると確認できました。
(問)誰も備えができなかったこの歴史的な出来事に立ち向かうためには、創造的な思考、好奇心、自然との関係性が必要であり、これらがこれまで以上に重要なツールとなっています。最近の子どもたちにおすすめしたいことは何ですか?

 この時期の生き方を一番よく知っているのは子どもたちだと思うのです。彼らの並々ならぬ適応力でそれを見せてくれています。私たち大人は、準備ができていなかったことが起きてしまったことを利用して、今まで重視してきた優先順位や価値観を反省し、もっといいことができないかと考えるべきなのかもしれません。すべての危機は積極的なリストラクチャー(改革)をもたらすべきで、そうでなければ何の役にもたちません。だからこそあらゆる分野で創造性が本当に必要とされているのです。創造性こそ、「子どもは未来なのだ」とムナーリが言ったように若い世代の教育に新たな姿を見せなければならないのです。
(問)ABMは最近、アンコーナのオメロ国立触覚美術館で開催されたで開催された「美に触れる(ムナーリとモンテッソーリ)」展に協力参加しました。この経験はどんな反省や刺激を残しているのでしょうか?そしてこれからの触覚(の学び)はどうなるのでしょうか?

 素晴らしい空間と素晴らしいチームを知ることができ、彼らとの絶え間ない対話を活性化できたことで、この展覧会をアクティブな場所として、文化活動のプロモーションとして十分に体験することができました。私たちは展覧会の中での実践、大人のための教育的な時間、触覚をテーマにした親子のワークショップ活動などを共有し、内容への関心と参加を高めました。私たちはこの経験から多くのことを学びましたし、議論の中で出てきたことを参考にしながら、それが豊饒な交流の時間であり、興味深い新しい旅の始まりであると感じています。…将来的な触覚のことへの質問ですか?思うに、それは実践、実験、それぞれの独自の研究をする上で他の要点と同じく人にとって欠かせないものであろうと思います。さもなければ私たちは別の存在になってしまいますが、それこそあり得ないことです。

331.「東京の子どもの城」-172020年05月13日 15:20

p72/ Forse sarebbe bene che anche noi cominciassimo a fare queste considerazioni, che tendono a fondere in un unico corpo l'oggetto e il suo supporto./  きっと、ある事物とそれを補助する物を一体に合わせる場合に考慮すべき事項を検討し始めたら良いのでしょう。/ Nel pensiero orientale si considera che le persone sono di fronte a qualcosa (una motocicletta in vetrina, per esempio) con tutti i recettori sensoriali aperti. La persona sta analizzando l'oggetto sotto l'aspetto della funzionalità, della forma, della potenza, del colore, del peso, eccetera. Se tutti i recettori sensoriali sono soddisfatti, si ha quello che anni fa veniva definito come Qualità Globale./  東洋的な思考では、人々は何か(たとえば、ショーウィンドウのオートバイ)に向かい合うとき、すべての感覚受容器が開いた状態でいると考えます。人は、機能、形、力、色、重量などの視点から事物を分析します。すべての感覚受容体が満足されている場合、それは何年も前にグローバルな品質と定義されたものとなるのです。/ p73/ Pensiamo alle motociclette giapponesi di forma aggressiva, decorate con colori squillanti e perfettamente intonati. Perfette come macchine, piacevolissime come forma e colore. I giovani amano queste forme e questi colori./  鮮やかな色で装飾され、完璧に調和した刺激的な日本のバイクを考えてみてください。機械として完璧で、形状と色が非常に快適です。若者はこれらの形や色が大好きです。/ La povera lambretta, brutta e grigia come il cemento, è un prodotto sbagliato, progettato solo come funzione e non progettato per la vendita./  コンクリートのように灰色のあわれなランブレッタ(イタリア製のスクーター)は、間違ったプロダクトであり、機能的視点からのみ設計されて販売の視点で設計されていいないのです。/ p74,75/ E, per finire, ecco un piccolo regalo per quelle persone che vorrebbero provare a giocare con il Tangram, che avete visto a pag. 47-48. Si prenda un foglio di carta robusta o di cartoncino colorato e lo si tagli secondo le linee tracciate nel quadrato che vedete qui. La misura del quadrato può anche essere un poco piû grande ma non molto./  そして最後に、47~48ページを見たタングラムを試してみたい人への小さなプレゼントがあります。 丈夫な紙または色付きの厚紙を用意して、ここに表示されている正方形に描かれた線に従ってカットしてください。正方形の大きさはそれほど大きくなければ、少し大きくても大丈夫です。/ Buon divertimento e arrivederci a Milano./  ぜひ楽しんでみてください、そしてまた、ミラノでお会いしましょう。 Saluti da Dilma e Bruno MUNARI/  ディルマ(ムナーリ夫人)とブルーノより、みなさんお元気で。/ (了)

330.「東京の子どもの城」-162020年05月09日 11:39

p68/ Nelle scuole materne giapponesi si insegna ai bambini come si sta con gli altri. Se una persona ti parla, devi ascoltarla e poi risponderai. Non si deve interrompere uno che parla. Anche da noi le persone educate non interrompono, ma spesso nemmeno ascoltano, ti lasciano parlare e poi parlano loro./  日本の保育園では、子どもたちは他の人と一緒にいる方法を教えられます。人があなたに話しかけるとき、あなたはそれに耳を傾ける必要があり、そのあとから答えます。話す人を邪魔してはいけません。ここでも教育を受けた人々は邪魔をしませんが、多くの場合、私たちは聞くことさえせず、自分が話してから相手が話をするものだと考えています。/ Un giorno a Milano un dirigente di una grande industria mi disse: scusi signor Munari se le dico quello che penso. Al che io risposi: io dico sempre quello che penso ma non chiedo mai scusa. Mi guardava sorridendo mentre parlavo./  ある日のミラノで、大企業のマネージャーが私に言いました: すみません、ムナーリさん、私の考えをお話しさせてください。私は答えました:私はいつでも自分の考えを言いますが、それを謝ったりしませんよ。彼は私が話している間、笑顔で見ていました。/ p69/ La seconda cosa che insegnano ai bambini in Giappone è: fare gli origami. Un bambino che riesce a fare un origami, a piegare un foglietto di carta in tanti modi per cui il foglietto si trasforma in un uccellino o in una barchetta o in una rana eccetera, è un bambino che ha memorizzato un processo progettuale consistente in una serie di piegature, una da una parte, una al contrario, eccetera, per cui il foglietto di carta diventa un uccellino o una rana o un'altra cosa che prima non c'era./  日本人が子どもたちに教えるもうひとつは、折り紙の作り方です。紙を使って鳥や船、カエルなどになるようにさまざまな方法で折りたためる子どもは、一連のデザインのプロセスを会得しているのです。あちらへ、こちらへと折り畳み、これ(プロセス)によって紙が鳥やカエルなど、前にはそこになかったものになります。/ Il bambino cosi educato è un bambino che ha imparato a osservare e a memorizzare un processo progettuale. Sarà un bambino creativo, capace di osservare e di capire./  このように教育を受けた子どもは設計のプロセスを観察し、暗記することを学んだ子どもです。彼は創造的な子どもであり、観察し、理解することができます。/ p70/ Vediamo però che, sia pure con molta cautela, in molti ristoranti si comincia a considerare questo problema della «decorazione» del cibo. Spesso si trova, assieme al cibo, una foglia di insalata trevisana, messa in alto nel piatto per decorazione (qualche distratto la mangia)./  多くのレストランで、食品を「装飾する」という問題が考慮され始めていることを、注意ぶかく見てみましょう。多くの場合、食べ物と一緒に皿の上には装飾のために置かれたトレヴィゾ風のサラダ菜(パセリ?)があります(勘違いした人がそれを食べます)。/ Una volta non si usava: sul piatto si trovava una bella bistecca e basta./ (装飾が)使用されなかった場合はプレート上に素敵なビーフステーキがあり、それだけです。/ p71/ Troviamo poi, in certi casi, esempi ancora piû gravi di cibo senza decorazione. Certi ristoranti hanno dei piatti vistosamente decorati (per un senso sbagliato dell'immagine coordinata), per cui quando hai finito di mangiare il tuo buon risotto trovi nel piatto un feroce lupo che ti guarda e digrigna i denti. A parte il fatto che non c'è nessuna relazione tra lupo e risotto, questa moda di decorare i piatti andrebbe organizzata in modo diverso, non vi pare?/  それから特定の場合ですが、装飾のない食品のさらに深刻な例があります。一部のレストランでは料理が際立って装飾されているため(演出されたイメージの感覚が間違っているため)、あなたが美味しいリゾットを食べ終わると、皿の上には牙をむいた獰猛そうななオオカミがあなたを睨んでいるのです。 オオカミとリゾットの間に関係がないという事は別として、料理を装飾するこの流行は違ったかたちで演出されるべきだとは思いませんか?

329.「東京の子どもの城」-152020年05月03日 21:19

p66/ Hanno il senso della collettività e quindi il rispetto per gli altri (gli altri siamo noi). Una regola importantissima, che insegnano ai bambini fin dalle scuole materne, dice: ognuno deve esporre il suo pensiero ma non imporlo. Nel nostro paese, invece, ognuno cerca di imporre il proprio pensiero, le proprie idee agli altri. Molta gente si sente portatrice della verità: lo so I io come stanno le cose e ora te lo spiego. E le discussioni non finiscono mai./  彼らはコミュニティの感覚を持っているので、他者を尊重します(他者とは私たちです)。彼らが幼稚園から子どもたちに教える非常に重要なルールは、次のように述べています: だれしも我を押しつけず、他者を受け入れなさい。しかし、わが国では誰もが自分の考えや考えを他者に押しつけようとします。多くの人が、自分こそ真実の担い手であると感じています: 私は物事のあるべきを知っているので、今あなたにそれを説明しましょう、と。そして議論は終わりません。/ p67/ In Giappone si dice: una persona vale per quello che dà e non per quello che prende. Tema ampiamente svolto nel famoso libro di Erich Fromm: Avere o Essere. Se ognuno potesse dare il meglio di sé alla comunità, noi vivremmo in un paese civile in continua crescita culturale. In un paese di furbi ognuno cerca di rubare qualcosa agli altri: una nuova idea, un progetto, un pensiero, per poterli sfruttare a proprio vantaggio. In questo modo ci si trova in una società di rapinatori dove ognuno cerca di appropriarsi dei valori delle altre persone per sfruttarli a proprio vantaggio. In Giappone non ho incontrato persone furbe./  日本では人は自分が得るものではなく、与えるものに価値があると言われています。このテーマは、エーリッヒ・フロムの著名な著書『To Have or To Be』(1976、邦題『生きるということ』1977)でも広く論じられています。皆がコミュニティに最善を尽くすことができれば、私たちは文明化された国で継続的な文化的成長を遂げることになります。  ずる賢い人々の国では、誰もが他の人から何かを盗もうとします:新しいアイデア、プロジェクト、思考、そしてそれを有利に活用することができます。このように我々は強盗の社会にいるので、誰もが他の人の価値をうまく利用して有利に活用しようとします。  日本では、私はずる賢い人に会うことがありませんでした。

328.「東京のこどもの城」-142020年04月26日 20:39

p64/ Devo dire che durante tutto questo tempo, impiegato per comunicare ai bambini e agli operatori le semplicissime regole del come si fa a fare, ho trovato una sincera collaborazione e partecipazione da parte di tutti, cosa che è servita a facilitare il lavoro./ (ワークショップのための)滞在中、 ずっと、ワークショップを行うためのとても簡単なルールを子どもやスタッフに伝えるために、私は仕事を容易にするために役立つこと、すべての人との誠実な協力と参加を実現するやりかたを見つけました。/ Ma, nel frattempo, che cosa ho imparato io dal pensiero giapponese? In parte ho avuto la conferma che certi principi progettuali che applico normalmente erano giusti. Altre regole o procedimenti utili a migliorare i progetti o le comunicazioni, o semplicemente altri comportamenti quotidiani, erano invece da capire e applicare./  しかしその間に私は日本人の考え方から何を学んだのでしょう?一つには、私がふだん適用する自分なりのやり方が正しいことを確認しました。一方、プロジェクトやコミュニケーションを改善するのに役立つその他のルールや手順、または異なる日常的な行動を理解し適用する必要もありました。/ p65/ Un esempio è che i problemi vanno risolti alla base. A Venezia ci sono dei natanti che vanno in giro per la laguna a pulire le acque. Questo è necessario perché i cittadini buttano spesso i rifiuti nei canali. Il problema si risolve insegnando ai bambini a non sporcare la laguna. Se nessuno (utopia) butta l'immondizia nella laguna, non c'è niente da pulire./  例えば、問題を根本から解決する必要がある、ということです。 ヴェネツィアには水をきれいにするためにラグーン(運河)を巡回するボートがあります。市民がしばしば運河にゴミを投げ入れるため、必要なのです。この問題は子どもたちに運河を汚さないように教えることで(根本的に)解決されるでしょう。(理想的世界)誰も運河にゴミを投げ込まなければ、きれいにするべきものは何もありません。/ Altro esempio: noi occidentali siamo bravissimi nell'inventare elettrodomestici sofisticati, per pulire la casa, lucidare i pavimenti, lavare i vetri, raccogliere rifiuti. I Giapponesi non sporcano la casa, non ci sono pavimenti da lucidare, quando entrano nelle loro case si tolgono le scarpe e camminano sui tatami in calze. Non buttano le cicche per terra per poi calpestarle, insomma sono, come si dice, educati, e il problema della pulizia della casa è risolto alla base./  別の例:私たち西洋人は、家の掃除、床の磨き、窓の洗浄、ゴミの収集のために、洗練された器具を発明するのに非常に優れています。日本人は家を汚さず、磨くべき床はありません。家に入ると靴を脱いで畳の上を靴下で歩きます。彼らはゴミを地面に投げて捨て踏みつけることはありません、要するに、言ってみれば彼らは(社会的な)教育を受けており、家の掃除の問題は根本で解決されています。
<< 2020/10
01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログについて

イタリアの芸術家+デザイナー+教育者、ブルーノ・ムナーリのことなどあれこれ。
こちらにもいろいろ紹介しています(重複有)https://fdl-italform.webnode.jp/

RSS