336.「ムナーリ・メソッド」-032020年07月06日 18:40

p03 (4)
La sua curiosità infantile diventava già progetto quando sperimenta le possibilità di uno specchietto, accompagnando l’ azione da una continua riflessione che lo porta ad orientare l’evolversi dell’esperienza con una più precisa intenzionalità ludica, fino a scoprire la meraviglia nei colori dell’arcobaleno.
彼の幼少期の好奇心は、彼が小さな鏡に角度をつけながら繰り返し反射させながら適切な角度を探るあそびの経験の中で、虹の色の中の不思議を発見した時点ですでにプロジェクトになっていた。
“E poi avevo un piccolo specchietto rotondo che mi aveva regalato la nonna...Andavo fuori di casa al sole e mettevo lo specchietto in modo che mandasse un raggio nel buio di una stanza attraverso la finestra aperta. Potevo vedere benissimo tutto quello che illuminava.
"私は祖母ががくれた小さな丸い鏡を持っていた...太陽の下で家の外に出て、開いた窓から部屋の暗闇に光線を送るように鏡をセットしてみた。すると光に照らし出されたものが全てはっきりと見えた。
Muovendo questo punto luminoso nella stanza lo feci cadere sopra uno specchio: immediatamente un altro raggio di sole rimbalzò nella stanza e andò a posarsi sul muro di fronte.
部屋の中でこの明るいスポットライトを動かして私は鏡の上に光を落としてみた:すぐに太陽光が別の向きに部屋に跳ね返り反対側の壁に届いた。
Questo mi fece molto pensare. Un altro giorno, prendendo un raggio di sole che era entrato nella stanza, col mio specchietto lo mandai nella credenza: il punto luminoso colpì un bicchiere di cristallo e vidi tutti i colori dell’arcobaleno” (Munari B., 1990).
そこで私はいろいろ考えた。別の日、私は鏡で部屋に入ってきた一筋の太陽光を戸棚に送ってみた:明るいスポットライトがクリスタルのガラスに当たって、そこに私は虹色を見つけた」(Munari B. 1990)。
Di certo, per come posso intuire, avendo avuto il privilegio di conoscerlo e di confrontarmi di persona con lui su vari progetti, questo artista, riconosciuto come sinonimo stesso di creatività in tutto il mondo, ha educato la sua particolare modalità di rapportarsi alle cose proprio nella prima infanzia.
様々なプロジェクトで彼と直接向き合ってきた経験から推測すれば、世界中で創造性の代名詞として認められた、この芸術家は幼少期に特殊な物事の関わり方を学んできたのかもしれない。
Questo ci deve fare riflettere fino a confermarci che un intervento educativo volto a stimolare un pensiero più creativo deve svilupparsi già nei primi anni di vita di un individuo, prima che compaiano stereotipie o modelli di conoscenza di tipo più ripetitivo o meccanico.
このことは、より創造的な思考を刺激することを目的とする教育的な関わりは、反復的で機械的な固定観念や知識モデルが現れる前に、個人の人生の最初の数年間ですでに発展していなければならないことを明らかにするという点で、私たちに反省を促している。
E’ molto più facile educare una persona ancora in formazione piuttosto che un soggetto adulto che presenta già dei “blocchi”.
すでに「固まり」となっている大人よりも、発達に途中にある人(子ども)を教育する方がはるかに容易であろう。
Questi primi esempi rendono evidente come l’acquisizione delle informazioni, la riflessione e la conoscenza avvengono attraverso un fare, che diventa sempre più competente.
最初の例は、情報の獲得、内省、知識の獲得が、「実践すること」を通してどのように成長していくかを示している。
Non c’è un adulto che insegna qualcosa, ma è il bambino stesso, per natura curioso, che interagisce con l’ambiente in una modalità esperienziale che gli permette di costruire nuove conoscenze. Qui non assistiamo ad un “fare accanto al dire” perché le parole arrivano dopo.
何かを教える大人がいなくても、好奇心旺盛な子ども自身が経験的な方法で環境と対話し、新たな知識を構築していくのだ。ここでは言語化は後から来るので、「言ってからやる」のではない。
Di fatto questo è quello che succede nei nostri laboratori dove grandi e piccini sono invitati a fare e solo al termine della sperimentazione - che deve essere la più autentica e sincera possibile- si riflette, tutti insieme, per osservare cosa tutti hanno scoperto e rendere tali informazioni patrimonio comune, in una dimensione in cui il sapere diventa bene collettivo e non potere di pochi.
実際にこれは、私たちのワークショップに子どもと、一つの実験~出来るだけ本物で誠実な実験~の最後にだけ招かれる大人が、一緒に誰もが発見したものを観察し、少数の力ではなく、知識が集合的な善となる次元でその情報を共有するために行われる。
Affrontando gli elementi basilari e costitutivi del nostro approccio metodologico, vorrei far emergere la necessità di mettere in relazione i dati raccolti dall’esperienza. Senza questo passaggio non si giungerebbe a nuove conoscenze.
私たちはメソッドの基本的で構成的な要素に取り組む中で、経験から集めたデータを関連付ける必要性を強調したい。このステップなしに新たな知識は得られない。
Trovo esemplificativo di ciò una riflessione dell’artista :“Il problema basilare quindi, per lo sviluppo della fantasia, è l’aumento della conoscenza, per permettere un maggior numero di relazioni possibili tra un maggior numero di dati.
ファンタジアの発展のための基本的な問題は、より多くのデータの間で可能な限り多くの関係づけを可能にする知識の増加である。
Questo naturalmente non significa che, automaticamente, una persona molto colta sia anche una persona con molta fantasia. No, di certo. Ci sono persone che hanno memorizzato una quantità enorme di dati, e che per altre persone passano per persone molto intelligenti, invece si tratta solo di memoria. Se queste persone non fanno relazioni tra quello che sanno,
もちろんこれは、言うまでもなく、非常に教養ある人が自動的に想像力に富んだ人であるということを意味するものではない。膨大な量の情報を保存している人がいて、それを他の知的な人へと伝えたとしても、それが相手が知っていることと関連しなければ、それはすべて記憶(記録?)にすぎない。
p04 (5)
non usano la fantasia, resteranno come un meraviglioso magazzino di dati inerti. Come un dizionario che ha tutte le parole con le quali costruire ogni poesia, ma non ha nemmeno una poesia. Uno strumento non utilizzato” ( Munari B.,1977, p. 35 ).
彼らはファンタジアを用いることなく不活性なデータの素晴らしい倉庫のように留まり続ける。それはすべての詩を構築するためのすべての単語が載っているが、ひとつの詩も載っていない辞書のようなもの、未使用の楽器のようなものだ。」( Munari B.,1977, p. 35 )。

337.「ムナーリ・メソッド」-042020年07月24日 13:17

L’INTERESSE VERSO L’INFANZIA
幼児期への関心

Perché, come, quando un designer, pittore, grafico, scrittore (l’eccetera qui è doveroso ) si occupa di bambini?
なぜ、いつ、どのように、かの画家、デザイナー、作家(等々、と言わずにおくことが出来ない)は子どもに関わったのか?
Questa riflessione può fornirci nuovi elementi che possono essere ricondotti all’approccio metodologico. Forse si potrebbe rispondere alla domanda dicendo che sono state le circostanze della vita che lo hanno fatto accadere.
この振り返りは、方法論的アプローチにまで遡ることができる新たな要素を提供してくれるだろう。あるいは、それは人生の状況がもたらしたものとも言える。
Proviamo ad addentrarci in questa argomentazione cominciando ad osservare un bambino che, diventato adulto e papà, incontra il problema di offrire a suo figlio un libro adeguato ai bisogni di un bimbo.
子どもが大人になって父親になり、子どものニーズに合った本を我が子に与えたいという問題に直面している様子の観察から、この議論に入ってみよう。
Da qui la realizzazione di una splendida collezione di sette libri per bambini ( 1945, 1945 a, 1945 b, 1945 c, etc.), a cui sono seguiti tanti altri capolavori dedicati ai più piccoli.
この状況から7冊の素晴らしい子どものための本(1945年、1945年a、1945年b、1945年cなど)のコレクションを生まれ、さらに子どもたちのための他の多くの傑作が生まれた。
Opere che evidenziano un’attenzione pronta a fornire risposte ad esigenze dei bambini assolutamente evidenti, ma non sufficientemente prese in considerazione.
彼が子どもたちのニーズに応える準備ができていることを示す作品は明らかであるが、しかし十分に考察されてはいない。
Chiedersi quale libro possa essere più adatto ad un bambino che non sa ancora leggere e scrivere è una domanda opportuna, ma arrivare a progettare una collezione di libri plurisensoriali, che diventano luogo dell’esperienza stessa del bambino, è una risposta geniale.
まだ読み書きができない子どもにどの本が最適なのだろうかと考えることは、真っ当な課題だろう。しかし子ども自身の経験の場となる多感覚的な本のシリーズをデザインすることはまさに天才的な対応である。
Questo originale approccio dell’artista sarà poi recepito in uno dei laboratori per bambinioggi più richiesti: quello che permette loro, attraverso varie tecniche, di costruire i primi libri.
今日、様々なテクニックを駆使して「子どもの初めての本」を作ることができるようになるというかの作家独自のアプローチを、より多くのリクエストのある子ども向けワークショップの一つとして実践している。
Bruno mi faceva notare come un bambino che poteva sperimentare la costruzione di un suo libro - ricercando vari materiali, provando differenti modalità di costruzione e di assemblaggio delle pagine, realizzando liberamente un oggetto\libro nel quale esprimersi – avrebbe mantenuto un approccio positivo e curioso anche quando, da grande avrebbe incontrato altri libri. Invece se il primo approccio fosse stato noioso e faticoso, non avrebbe più voluto saperne dei libri.
ブルーノは、子どもがどのように自分の本を作る実験をしながらいろいろな材料を研究したり、いろいろな作り方を試したり、ページを組み立てたり、自由に自分を表現する対象を作ったりできるかを示してくれた。- 子どもは大人になって他の本に出会ったときも、積極的で好奇心旺盛な姿勢を持てることだろう。逆に、最初のアプローチが、つまらない疲れるものだったとしたら、本のことを知りたいとは思わなくなるだろう。
Successivamente avvenne l’incontro, tra l’artista e il mondo della scuola, anche attraverso l’amicizia con l’ ispettore didattico Giovanni Belgrano; senza dimenticare di considerare il ruolo e la presenza, accanto a Bruno, del figlio Alberto, nel frattempo diventato professore presso la Facoltà di Psicologia e Scienze dell’educazione dell’Università di Ginevra.
その後の芸術家と教育の世界との出会いは、教育学者ジョヴァンニ・ベルグラーノとの友情を通じても行われた。またその間にジュネーブ大学の心理学・教育科学部の教授になった息子アルベルトの役割と存在を忘れずにおくべきだろう。
Non solo personalmente ho sentito molte volte Bruno riferirsi alle riflessioni di Alberto, relativamente alle modalità d’apprendimento dei bambini, ma in molti scritti Bruno cita sia il figlio che lo stesso Piaget, con rimandi alle loro riflessioni sulla genesi della conoscenza.
私は個人的にブルーノが子どもたちがどのように学ぶかについてのアルベルトの考察に対して言及しているのを何度も聞いたことがあるだけでなく、多くの著作の中でブルーノは息子とピアジェ自身の両方に言及し、知識の起源についての彼らの考察にも言及している。
Per Bruno Munari questi incontri furono occasione per conoscere problemi, tensioni e possibilità della scuola e, a mio avviso, per coinvolgersi, tanto da non tirarsi più indietro.
ブルーノ・ムナーリにとって、これらの出会いは、教育の問題、興味や可能性を知る機会であり、思うに、彼が後戻りできないところまで教育に関与する機会となった。
Con Belgrano preparò una serie di giochi didattici che avevano lo scopo di offrire ai bambini materiali utili al loro apprendimento attraverso il fare. Uno dei più conosciuti è il gioco del “Più e meno”, realizzato nel 1970 e formato da una serie di carte di cui 48 trasparenti che permettono, attraverso giochi di sovrapposizione o sottrazione, di realizzare immagini che, nel loro continuum, generano storie sempre diverse.
ベルグラーノと彼は、子どもたちがそれを用いながら学ぶための有用なマテリアルを提供することを意図する一連の教育玩具を作った。中でも有名なのが、1970年に作られた「プラス・マイナス」という玩具である。それは48枚の透明なカードによって形成され、重ね合わせや抜き取りあそびを通して、その連続性の中で、常に異なった物語を生むイメージを作り出すことができるというものだ。

338.インターネット今昔2020年07月28日 20:04

2006年にムナーリに関する情報を得られるウェブサイトを調べてリンクリストにした資料が出てきたので,2020年にまだアクセスできるところがどれだけあるか確認してみました。

2006年〜2020年も健在のウェブサイト
http://it.wikipedia.org/wiki/Bruno_Munari
イタリア版ウィキペディアのムナーリ解説(イタリア語)
http://it.wikipedia.org/wiki/Bruno_Munari www.corraini.com
ムナーリの書籍を数多く出版しているイタリアの出版社
http://www.danesemilano.com/
復活した「ダネーゼ」社の公式サイト
http://web.tiscali.it/sincron/personalimunari.html
イタリアのブルーノ・ムナーリ関連サイト
http://www.galleriagagliardi.com/hmunari.htm
イタリアのブルーノ・ムナーリ展をおこなった画廊
http://www.koumi-town.jp/museum/
ムナーリの展覧会を開催した長野県の美術館、ただしムナーリ関連情報はなし
http://www.gallerytom.co.jp/
東京渋谷の美術館。ただしムナーリ関連情報はなし
http://www.kuwano-trading.com/
ダネーゼ製品やコライーニ社の本などを扱う日本の会社
http://www.hyakuchomori.co.jp/book/pages/b27/b27_su.shtml
ムナーリのアイテムを取り扱うウェブショップサイト(日本語)

2006年〜現在は存在しないウェブサイト
www.kodomono-shiro.or.jp/
ムナーリが来日時ワークショップをおこないました。現存せず
http://www.brunomunari.jp/
岩崎さんの日本ムナーリ協会HP。現存せず
http://www.musabi.ac.jp/library/muse/cybermuse/munari/01-j.html
武蔵野美術大学ウェブサイト内のムナーリアーカイブ。現存せず
http://www.ldj.tm.fr/munari/
イタリア語・フランス語のブルーノ・ムナーリサイト。現存せず
http://yaplog.jp/nmaki-ehon/ 絵本について語るblog、ムナーリの話題が沢山。現存せず
http://www.fondazioneferrero.it/EVE/MUNARI/munari.htm
ムナーリの仕事を数多く紹介しているイタリアのサイト。現存せず
http://www.arengario.it/mostre/munari/idxmunar.htm
イタリアで開かれたムナーリ展に関連するサイトです。現存せず
http://www.mu-seum.com/munari.html
インターネットミュージアムサイトのムナーリ関連ページ。現存せず
http://www.cesenatico.it/cultura/larte/munari1.asp
イタリア国内でのムナーリ展関連サイト・ムナーリに関するコメント多数(イタリア語) 現存せず
http://www.italianidea.it/cgi-bin/notizie.asp?id=108&col=FFF2E6
  http://www.artcurel.it/ARTCUREL/PERSONAGGI/brunomunari.htm
  http://www.dolcevita.com/design/designers/munari.htm
イタリアのデザインポータルサイトのムナーリに関するページ。現存せず
http://www.chatant.com/Munari.html  
現存せず
http://www.heoos.it/munari/  
現存せず
http://www.officina.it/bambini.html
ムナーリメソッドを継承するイタリアのワークショップサイト。現存せず
http://temi.provincia.milano.it/cultura/medialogo/gentedimilano.html
ミラノの自治体文化部で制作したムナーリの映像資料の紹介。現存せず
http://www.designdictionary.it/ITA/munari.htm
デザインポータルサイトのムナーリ解説ページ。現存せず
http://zerosei.comune.re.it/italiano/rc_publications.htm
造形教育で有名なイタリア・レッジョエミリア幼児教育関係のサイト。現存せず
http://www.japandesign.ne.jp/HTM/REPORT/conyseye/16/
金沢のコニーズアイのサイトにあるムナーリのページ。現存せず
http://www.italica.rai.it/index.php?categoria=arte&scheda=munari_real
ムナーリのインタビュー動画ページ(イタリア語)現存せず
http://brunomunari.de/
ドイツ語のムナーリサイト。現存せず
http://www.babelearte.it/glossario.asp?id=159
ムナーリが参加した「MAC」に関する資料ページ。現存せず
http://www.studiodabbeni.ch/p_archivi/archivio_mac.htm
ムナーリが参加した「MAC」に関する資料ページ。現存せず
http://www.studioetcetera.com/staff/kaori/index.html
ミラノ在住のアーティスト・宮山さんのサイト。貴重なムナーリ関連コラムなど。現存せず
http://www.artecavalese.it/index2.htm
イタリアの画廊サイトムナーリの企画展ページ。現存せず
http://www.utrecht.jp/person/?p=4
ムナーリの本を取り扱うウェブブックショップサイト(日本語)当該ページは現存せず
http://organ.main.jp/book/book08.html
ムナーリの本を取り扱うウェブブックショップサイト(日本語)現存せず

2006年〜2020年までに移動したウェブサイト
http://www.educational.rai.it/lezionididesign/home/index.htm
イタリア国営放送サイトの中にあったムナーリ関連ページ
ページ移動
http://www.educational.rai.it/lezionididesign/designers/MUNARIB.htm
http://www.brunomunari.it/
造形教育に関わるイタリアの「ブルーノ・ムナーリ協会」サイト
更新停止状態
https://www.incasaconmunari.it/index.htmlへ移動?
http://www.fondazionebandera.it/beba.htm
ムナーリメソッドを継承するBeba Restelliさんのワークショップサイト
現存せず、個人のウェブページへ移動
http://www.laboratoriobebarestelli.it

予想はしていましたが、インターネット上の情報は便利であると同時に移ろいやすいことを実感しました…
<< 2020/07 >>
01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

このブログについて

イタリアの芸術家+デザイナー+教育者、ブルーノ・ムナーリのことなどあれこれ。
こちらにもいろいろ紹介しています(重複有)https://fdl-italform.webnode.jp/

RSS