旅の彫刻2005年11月01日 23:47

scultura da viaggio

1950年の作品だそうです。折り紙のような金属の小さな彫刻ですが、これは旅先へ持っていくためのもので、なぜなら「旅先の宿というものは自分の普段の生活:日常の道具から切り離された寂しさがある。ならば自分の見知った、なじんだオブジェを旅先にも飾ることで、旅愁をいやすことができるかもしれない」というコンセプトなのだそうです。

コメント

トラックバック

<< 2005/11 >>
01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

このブログについて

イタリアの芸術家+デザイナー+教育者、ブルーノ・ムナーリのことなどあれこれ。
こちらにもいろいろ紹介しています(重複有)https://fdl-italform.webnode.jp/

RSS